加藤浩次、吉本興業に「残留」という表現は正確ではないと指摘「吉本を一エージェントとして、他のエージェントととも仕事をする」

2019年8月10日放送のMBSラジオのラジオ番組『極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!』(毎週土 25:20-25:50)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、吉本興業に「残留」という表現は正確ではないと指摘していた。

山本圭壱:もう、単刀直入に私聞きますけど、私たちというか、どうなるんですか?このエージェントどうのこうのみたいな流れが、世の中に(笑)

加藤浩次:ふふ(笑)

山本圭壱:私、ネットニュースしか見てないんですよ。

加藤浩次:ええ、ええ。

山本圭壱:で、なんか「加藤浩次エージェント契約、吉本と」みたいなことになってましたけど。

加藤浩次:うん、うん。

山本圭壱:「残留」でいいんですか?

加藤浩次:そこはちょっと、言わせてもらいたいんだけど。

山本圭壱:どういうこと?

加藤浩次:全部撤回して、残る、残留っていうか…

山本圭壱:残留ってなってましたけど。なんか、プロ野球選手みたいな感じになってたよね。「FA宣言」っつって、結局、色んな球団とお話したけど、残留ってなった選手みたいな。

加藤浩次:うん。

山本圭壱:私はとり方をしたんですけど。

加藤浩次:だからそこは、ああいう書き方をされてるから、「そうか、そういうふうにしか見ないんだなぁ」っていう感じだね、俺はね。

山本圭壱:え?じゃあ、何か違うんですか?どういうことなんですか?

加藤浩次:現状の仕事は吉本通してやりますけど…っていうことです。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:だから、エージェント契約、エージェント制と言いますか、吉本を一エージェントとして、僕自身がやるということで、他のエージェントととも仕事をする、と。だから、代理人ですよね。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:「他の代理人にあたる人と、他の代理人ともやっていきますよ、それをOKしてもらいました」っていう説明なんですよ。

山本圭壱:ああ。

加藤浩次:「残留」だと、今まで通り残留、みたいになるじゃないですか。

山本圭壱:残留っていうことは、そういう。

加藤浩次:今まで通り、と。

山本圭壱:吉本に籍を置いて。

加藤浩次:それはやっぱり、吉本にお世話にもなってるし、プロフィールにも載るでしょう、そのまま。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:でも、一エージェントとして載るっていうことだから。

山本圭壱:うん。

加藤浩次:他とも僕は仕事をしていきますよっていう考えというか、それを大崎会長はOKしてくれたっていう部分は、まずあるんですよね。

山本圭壱:うん、うん。

加藤浩次:だから、「残った」みたいなのって、「ああ、そういうとり方をするんだなぁ」って。新聞とか、そういうのも、細かくそういうのを考えないのかなぁっていうのは一個あるんだよね。



極楽とんぼ ちょこっとやってまーす

本日の人気記事