アンジャッシュ児嶋、「すれ違いコント」の元ネタはネプチューン名倉潤が以前組んでいたコンビ・ジュンカッツの公衆電話ネタであると明かす

2021年1月12日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉が、「すれ違いコント」の元ネタはネプチューン名倉潤が以前組んでいたコンビ・ジュンカッツの公衆電話ネタであると明かしていた。

若林正恭:二人でネタ作るんでしたっけ?

児嶋一哉:元々は俺、作ってたの。最初の最初は。

若林正恭:ああ、そうなんですね。

児嶋一哉:で、二人になって、どんどんアイツがやるようになったの。

若林正恭:え?(笑)そういうことあるんですか?(笑)

春日俊彰:じゃあ、すれ違っていうコントは、児嶋さんの?

児嶋一哉:1年目、2年目までは、普通のボケ・ツッコミ。さまぁ~ずさんみたいなコントに憧れて。

若林正恭:ああ。

児嶋一哉:センスのあるボケと、パワーのあるツッコミでやろうと思ってたんだけど、そんな技術もセンスもないから。ライブとか出ても、よくて10組中3位とか。

春日俊彰:ああ。

児嶋一哉:このままじゃダメだって思ってた時に、ジュンカッツさんって分かる?

若林正恭:ああ、はいはい。名倉潤さん。

児嶋一哉:名倉潤さんが前組んでたコンビ。ジュンカッツってコンビが、公衆電話で知らない2人が話してる内容がリンクするみたいなネタをやってたの。

若林正恭:はい、はい。

児嶋一哉:「なんておしゃれでカッコイイネタなんだ」っていうのを見て、影響を受けて。

春日俊彰:はい。

児嶋一哉:で、そのようなネタを始めたら、めちゃくちゃウケて。そこから、なんか勘違いとかすれ違いコントみたいなのを始めて。

若林正恭:そうだったんですか。

児嶋一哉:名倉さんにも言ったんだけど…そうだね、パクリだね、これ。

若林正恭:パクリですね。

春日俊彰:話を聞く限り、完全に(笑)

児嶋一哉:モロだもん。

若林正恭:中国の人にパクられたって言ってても、元々、パクってるから(笑)

児嶋一哉:本当だよね、だから気持ちは分かるわ(笑)

若林正恭:「気持ちは分かるわ」じゃない(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事