伊集院光、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を改めて見て「謎を作ろうと思って、謎を作ってる」ことに「ついて行く元気は、俺にはない」と発言

2021年1月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』を改めて見て「謎を作ろうと思って、謎を作ってる」ことに「ついて行く元気は、俺にはない」と発言していた。

伊集院光:「伝えたい真意はあったけど、結果的に謎になりました」ってことじゃないじゃん。謎を作ろうと思って、謎を作ってることに、ついて行く元気は、俺にはないっていう(笑)

これは、謎を楽しむもんですから。むしろ謎じゃないようには作りませんっていう感じが、すげぇ溢れてるじゃないですか。

だから、なんかエヴァすげぇなって思い…もう、エヴァ疲れすげぇしちゃって。その後に、新しいさ、公開されますっていう『エヴァ』の、あの序・破・Qの後、なんつーの?あのタイトル。

音楽記号の中2の時の遠藤先生が…カマキリ婦人って俺はあだ名をつけたんだけど(笑)すげぇ怖い先生で、すぐキーッてなっちゃう先生だったんだけど。カマキリ婦人に習った、「そこまで行ったら前に戻る」みたいな、そんなマークだったような気がする。

それが始まるってことは、TV版のエヴァを見なきゃいけないんじゃないかとか、映画版のエヴァを見なきゃいけないんじゃないかってことになってきたんだけど、「もうそれは無理だわ」って思って(笑)難解なやつを一から見るとか、無理だわって思って。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事