おぎやはぎ小木、マヂカルラブリーのM-1グランプリ2020優勝ネタが「漫才じゃない」と批判されていることに苦言「プロの審査員が決めてるのに、何も知らねぇ素人が…」

2020年12月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの小木博明が、マヂカルラブリーのM-1グランプリ2020優勝ネタが「漫才じゃない」と批判されていることに苦言を呈していた。

矢作兼:マヂカルラブリーは面白いけど、好き嫌いがあるじゃない。

小木博明:今回も凄いずーっと言われてるもんね、周りで。

矢作兼:俺はもう大好きだから、面白いのよ、あれ。好きだから。

小木博明:うん、分かるよ。

矢作兼:だから、優勝なのよ。

小木博明:うん。

矢作兼:でも、「漫才じゃない」って言われてるでしょ?

小木博明:定義がどうのこうのって。関係ないもんね、そんなもんね。

矢作兼:だからやっぱり、M-1の称号、あれは漫才じゃないんだから、剥奪した方がいいと思う、俺は(笑)

小木博明:ふふ(笑)まぁね。

矢作兼:っていうか、みんな真面目だね、世間。

小木博明:凄いよね。世間がだから…あんなプロの審査員が決めてるんだから、お笑いをずーっとやってきた、20年以上やってきたさ。

矢作兼:うん。

小木博明:それが決めてるのに、何も知らねぇ素人が。

矢作兼:みんな真面目なの。

小木博明:ふふ(笑)真面目だって言っても、ヒドくない?素人。



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事