伊集院光、M-1グランプリ2020でおいでやすこがに「突風のような追い風」が吹くも本人たちは「どうする?」と戸惑っていたのではと指摘

2020年12月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、M-1グランプリ2020で、おいでやすこがに「突風のような追い風」が吹くも本人たちは「どうする?」と戸惑っていたのではと指摘していた。

伊集院光:誰かしらに突風が吹く、特にこういう絶対的本命みたいなのがいないと、突風勝負じゃんか。

そういう意味では、1回戦でおいでやすこがの2人に、超突風が吹いたけど、突風過ぎて、「どうする?」ってなるよね、きっとね。

だって自分があの立場だったら、決勝大きい声出すか、出さないか。もうそれだけで頭いっぱいで。空気が合わなきゃどっち行ってもウケないじゃんか。そんなことをちょっと思いましたね。

でもね、なんかそんな中、ちょっとお笑い事情みたいのを興味あって…まぁ、俺は全然外野だからさ、面白いなぁとか、「今度ライブ見に行こう」みたいなところなんだけど。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事