チュートリアル福田、M-1グランプリのプロデューサーに決勝直前で「ネタの順番どうすんの?」と心配されていたと告白

2020年12月19日放送の京都放送系のラジオ番組『キョートリアル!コンニチ的チュートリアル』(毎週土 22:00-23:00)にて、お笑いコンビ・チュートリアルの福田充徳が、M-1グランプリのプロデューサーに決勝直前で「ネタの順番どうすんの?」と心配されていたと告白していた。

福田充徳:M-1のプロデューサーのおっちゃん、板井(昭浩)さんが「メシ行こうか」ってなって、2人でメシ行って。

徳井義実:うん。

福田充徳:六本木の地下のイタリアンみたいなところ、「ここ入ろうか」って二人で行って。

徳井義実:うん。

福田充徳:「ネタの順番どうすんの?」って言われて。

徳井義実:ああ、はいはい。

福田充徳:「自転車のやつか、どっちを先にするつもり?」みたいなのをめっちゃ聞かれた記憶を思い出して。

徳井義実:ああ。

福田充徳:そう。「まだ、あんまりハッキリ決まってませんけど」みたいな。

徳井義実:ああ、決まってなかったな。

福田充徳:そう、そう。直前、当日ぐらいでも「どっちにしようかな」ぐらいの感じやったんを、「ああ、そういや板井さんがえらい心配してたな。どっちで行くかめっちゃ聞いてはったな」みたいな。

徳井義実:うん。

福田充徳:で、その時行ったイタリアンの店、まだあるかなって思って行ったら、もう潰れてたわ。

徳井義実:ああ、そう。へぇ。

福田充徳:「直前にそういう話したなぁ」みたいな。

徳井義実:2006?

福田充徳:2006の方。思い出した。



キョートリアル

本日の人気記事