パンサー向井、オードリー若林はMCとしてゲストに「面白いトークができる」と勘違いさせられる名キャッチャーであると語る「人の考えていることを把握する能力が異常」

2020年12月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いトリオ・パンサーの向井慧が、オードリー・若林正恭はMCとしてゲストに「面白いトークができる」と勘違いさせられる名キャッチャーのようであると語っていた。

向井慧:僕が凄いと思う方ですか?

山里亮太:うん。

向井慧:若林さんなんですけど(笑)

山里亮太:お前、いい加減にしろよ。

向井慧:ふふ(笑)

山里亮太:よういけたな…メモの一番上に書いてあるじゃないか。

向井慧:ふふ(笑)すみません、こんなことになると思ってなくて(笑)

山里亮太:なるだろ。

向井慧:そうですよね、すみません、すみません(笑)

山里亮太:でも分かるよ。それは重々承知よ。

向井慧:やっぱ、「この人が今、こんなこと考えてるんだろうなぁ」って把握する能力が異常っていう。

山里亮太:ああ、たしかに。人の話を聞いて、その人の気持ちいいところにナビゲートする、そのスペシャリストだもんね。

向井慧:それはやっぱ凄いなぁって。

山里亮太:たしかに、たしかに。

向井慧:誰が来てもいい音でキャッチングしてくれる感じが。

山里亮太:ああ、はいはい。

向井慧:「今日、球速出てんな」って自分で勘違いできる感じが。これが名キャッチャーなのかなぁって。

山里亮太:『アメトーーク』で、出川さんも言ってたもんね。

向井慧:ああ、はいはい。

山里亮太:「あの番組出ると、凄い色々喋っちゃうんだよ、若林が良くて」みたいなことを言ってた。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事