おぎやはぎ矢作、浜崎あゆみがエイベックス松浦勝人と出会ったのがヴェルファーレのVIPルームであることにツッコミ「どんだけチャラいんだよ」

2019年8月1日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、浜崎あゆみがエイベックスの代表取締役会長・CEOである松浦勝人と出会ったのがヴェルファーレのVIPルームであることにツッコんでいた。

矢作兼:あゆね。

小木博明:なにが?

矢作兼:あゆ、知ってる?

小木博明:ちょっと知ってるよ。エイベックス松浦さんでしょ?

矢作兼:うん。

小木博明:付き合ってたこと言っちゃったんでしょ。暴露本でしょ。

放送作家・鈴木工務店:暴露本ではないですね。

小木博明:何の本なの?

放送作家・鈴木工務店:事実に基づくフィクションとして書かれた小説ですね。

小木博明:ノンフィクションでしょ。

矢作兼:これが面白いんだけどね、でも。『M』って有名な歌があるんだけど、この「M」が松浦さんのMってことだったってことなんだけど。

小木博明:へぇ。

矢作兼:でも、一番面白いのは、このMとの出会いが17歳で。

小木博明:うん。

矢作兼:ヴェルファーレのVIPルームっていう(笑)どんだけチャラいんだよ、これ(笑)

小木博明:いかにもじゃん。でも、この2人にはそうでしょ。

矢作兼:ヴェルファーレのVIPルームで出会ってる恋っていう時点でもうさ、最初のスタートが面白いもん。

小木博明:だから、最初は付き合ってるっていうか、本当にもうヤルだけの関係だったんでしょ?

矢作兼:ふふ(笑)

小木博明:だってそうでしょ。ヴェルファーレだよ。

放送作家・鈴木工務店:そんなことない(笑)純粋なね。

小木博明:純粋なことあるわけない、ヴェルファーレで(笑)

放送作家・鈴木工務店:純粋なことじゃないですかね(笑)

矢作兼:ヴェルファーレのVIPルームに、純粋な人間なんか一人でもいないだろ(笑)

小木博明:うん。17歳で行ってたんだね、そういうところに。

放送作家・鈴木工務店:それがあったんだ、と。

小木博明:ないよ。

放送作家・鈴木工務店:ふふ(笑)

矢作兼:ディスコブームだったからね、俺らの時代って。

小木博明:うん。

矢作兼:六本木のさ、あそこにあったのよ、スクエアビルが。そこにいっぱいディスコが入ってて。

小木博明:うん。

矢作兼:まぁ自慢じゃないですけど、遊び人ですからね。当時、若い時、先輩もいて。

小木博明:うん。

矢作兼:そういうディスコとかほぼVIPルームに入ったことありますけど。純粋な人間は一人もいなかった(笑)VIPルームに。

小木博明:VIPルームにいるわけないじゃん、純粋な奴が。そこにいる女って、最低な女じゃん、VIPルームにたかってくる奴って。

矢作兼:そうでしょ。

小木博明:うん、どうしょうもないよ。

矢作兼:そこが出会いですから。まぁ、らしいっちゃらしいけどさ。

小木博明:あゆらしいよね。でも、全然、違和感はないよ。

矢作兼:それが最初の舞台。その時、専務だったんだね。

小木博明:ああ、まだ。で、スカウトして?スカウトっていうか、付き合ってたのか。

矢作兼:ヴェルファーレで出会った時からずっと好きです。

小木博明:どっちが?

矢作兼:あゆが。「一生隠しておこうと決めていた思いですが、告白します。あなたが好きです。ヴェルファーレから出会ったときからずっと好きです」って。

小木博明:ヴェルファーレ、たくさんいい男もいるのにね。

矢作兼:いるんだよ。

小木博明:それでもやっぱ好きだったんだ。



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事