山里亮太、田中みな実特集の『プロフェッショナル』制作スタッフが「お礼を言いたい」と伝えてきたため「断ってもらっていいですか」と拒否したことを告白

2020年11月18日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、田中みな実特集の『プロフェッショナル』制作スタッフが「お礼を言いたい」と伝えてきたため「断ってもらっていいですか」と拒否したことを告白していた。

山里亮太:『逆転人生』のスタッフさんが、「今日、『プロフェッショナル』のスタッフさんが来たいって言ってるんですよ」って。

「え?!」って。いや、思ったよ、「殺しに来る」って。まさに「ずっと探してた」ですよ。「ずっと探してた」って言いながら、まぁ多分、剣かなんか持ってね。

「山滅」って書いた剣を持って、イノシシのかぶり物をしたプロデューサーと、真っ金髪のディレクターとかが、半纏着てきてね。あと、毒で俺を殺そうとする女性APさんとかが来るのかなって。あと、竹を咥えたADさんとかね。

こっちもね、一応飲んでおかなきゃいけないなって。鬼舞辻無惨様の血をもらって。そしたら、どうやら「お礼が言いたい」って言ってると。『プロフェッショナル』チームの方が、「本当に山里さんにお礼が言いたいんで、現場行っていいですか?」って言ってるっていう。

「お礼?」ってなって。「ウチの番組を絶賛してくれてるって聞いて」って。だから、たしかに俺が本当に伝えたいことの前に、番組としての素晴らしさを言ってんのよ。本当に、田中みな実さんの面白いところたくさん出てたわけじゃない。

その後半の部分の俺の本当の思い、全然伝ってないのね。だからさ、「お礼言いたい」なんて言われて。「お礼なんて言われるようなことしてませんよ、むしろ僕は怒られるんじゃないかと思って、ドキドキしてるぐらいで」「お礼言いたいって言うから、どうします?」って言うから、「あ、断ってもらっていいですか」って(笑)

怖い、と。自分がお礼を言われた時に、なんて返せばいいのかも分からないし。あともう一個怖いのは、もしいつものスイッチが入っちゃったらよ。

ここ3週間ずっと言ってた、「いやいやどうせね、僕みたいなアマチュアは、カメラを背にしてナンボですから、背で語ってる、カリスマゼロの高倉健ですから」みたいなことを言い出したら、変な空気になっちゃうから。どこで俺、スイッチ入っちゃうか分かんないじゃない、バカだから(笑)

スイッチがどこで入るか分からないし、カメラの位置も分かんないから、俺ってばさ。だから、そうなっちゃいけないって。申し訳ない、と。そんなお礼言いに来てくれるなんて。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事