山里亮太、田中みな実が『あざとくて何が悪いの?』冒頭でプロレスを仕掛けてきた時にマジギレして反論してしまったと告白「それを言うんだったら田中さんよ…」

2020年11月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、田中みな実が『あざとくて何が悪いの?』冒頭でプロレスを仕掛けてきた時にマジギレして反論してしまったと告白していた。

山里亮太:「だって恥ずかしいよ、俺」なんて話てて。「カメラに背を向けてみたいなことを言われちゃってさ」みたいな。で、「もう…」って、みな実節ですよ。

山里亮太、田中みな実の『プロフェッショナル 仕事の流儀』を取材したディレクターの編集後記に激怒「めっちゃくちゃ下に見られてない?俺」

で、なんだかんだフリーになって、色んな修羅場、戦場で戦うジャンヌ・ダルクですよ。だから、器デカくなってる感じで、「ああ、すげぇな」と。俺を手のひらの上で、「ダメですよ、そんなの」ぐらいの感じでやってくれんだ、みたいな感じで。

で、いざ収録始まったら、オープニングトーク。いつもどおりのあざとい感じのトークかなって思ったら、さすがですわ、先生。

多分、オンエアならないと思うから、もう先言うけど。ぶっこんできたわけよ、それを。「なんか山ちゃんラジオで、私の『プロフェッショナル』のこと、私が『喋りすぎた』とかって、まるで自分が下みたいじゃないかとかってさぁ」って。

「上だとか、下とかじゃないじゃない。私も別に、あの時、山ちゃんとかよりも喋りすぎたとかじゃなくて、なんか自分の時にしゃしゃって、喋りすぎてるんじゃないかなって、そういう感じで言っただけで。凄い自分のことをできなく言われたとかってそういうとダサいよ」みたいな.。

ドキュメンタリーの方々曰く、いいパスを出してきてくれてる感じだったの。で、皆さんもお気づきの通り、「いい試合をしよう」みたいな感じじゃない。

「お互い、ここに入ってきて、ここでこう掴んで、ここで投げようぜ」みたいな感じの。そういうのを田中みな実先生が投げてくれてたはずなんだけど。俺、なぜかそこで変なゴング聞こえちゃって、シュート仕掛けていっちゃったのよ(笑)

「いや、あのさ…」って(笑)「じゃあさ、上だ、下だとか言ってる、まぁ、それは俺が悪いかもしんないんだけどさ」って。「そのミニコントみたいなのたしかあったじゃんか。あって、俺も覚えてるよ、あのミニコント。さすがだったよ、田中みな実よ、と。

「あれは面白い展開だった。で、最後、田中みな実があざとい技で魅了するっていうゴールに向かって走ればいいんだな、みな実さんついて行きますよみたいな空気はたしかにあった」と。

「で、最後の大オチの時、俺がカメラに背を向けてた、と。待ってくれよ、それを言うんだったら田中さんよ」って。これ、収録中ね(笑)



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事