千原ジュニア、今田耕司や東野幸治に「ジャックナイフ」とイジられてからそのイメージが浸透していったと明かす「今田さん、東野さんがボケみたいな感じで…」

2020年6月30日配信開始となったYouTube上の「カジサック」チャンネル動画の芸人トーク企画で、お笑い芸人・千原ジュニアが出演し、今田耕司や東野幸治に「ジャックナイフ」とイジられてから、そのイメージが浸透していったと明かしていた。

カジサック:2丁目劇場時代、ジュニアさんが怖かった、と。

千原ジュニア:うん。

カジサック:「ジャックナイフ」とか言われてたわけじゃないですか。

千原ジュニア:うん。

カジサック:どっかで、優しく無茶苦茶なられたみたいなところがあると思うんですけど。

千原ジュニア:うん。

カジサック:それはなんか、ジュニアさんの中であったんですか?

千原ジュニア:いや、その頃から、若い時からみんなもう目を尖らせてやってる中で、イジられたりもしててんけど。

カジサック:はい、はい。

千原ジュニア:結局この「ジャックナイフ」ってワードが、大分、脚光を浴びてってなって。

カジサック:はい。

千原ジュニア:これもそもそも、今田さん・東野さんがボケみたいな感じで言ってたんよ。

カジサック:はい。

千原ジュニア:「ジャックナイフみたいに尖って切れ味エエなぁ」みたいな。

カジサック:はい。

千原ジュニア:っていうイジリやねん。

カジサック:はい。

千原ジュニア:「やめぇ」みたいな。でも、このワードがちょっと雑誌や新聞で、「吉本のジャックナイフが東京進出」みたいなことになっていって。

カジサック:はい。

千原ジュニア:最初はボケで遊んでたのが、段々マジみたいになっていったっていうだけで。

カジサック:ああ、そういう感じなんですね。

千原ジュニア:うん。

カジサック:ジュニアさん自体は何も変わってないっていう?

千原ジュニア:とは思うけど。



カジサック

本日の人気記事