爆笑問題・太田、太田プロ退所で芸能界を干されることになったのは独立を提案したマネージャーの嘘が原因だったと明かす「業界を辞めると…」

2019年7月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、太田プロ退所で芸能界を干されることになったのは、独立を提案したマネージャーの嘘が原因だったと明かしていた。

太田光:本当に芸人なんてさ…さっき松村君と久々に本番始まる前に、ちょっと話してて。

田中裕二:うん。

太田光:今、吉本とかなんだとかね。ジャニーズもそうだけど。

松村邦洋:うん。

太田光:結局さ、芸人みんなさ、「良くなりゃいいね」って話をしてたんだよね。

松村邦洋:そう。

太田光:で、その時に俺らやっぱ共通の思い出としては、俺らが太田プロを辞めた時の話になって。

田中裕二:うん。

太田光:松村君に言われるまで、俺、思い出せなかったんだけど。

田中裕二:うん。

太田光:あの日、俺らが…擁するにウチのマネージャー、瀬名ってさっき言ったの。

松村邦洋:うん。

太田光:それが勝手に、お世話になった太田プロを、「この業界を辞めます」って言って、辞めたんだよね。

田中裕二:辞めたんだよね。

太田光:それで俺らは、先に「ついてきてくれ」って言われてたんだけど、「それは瀬名さん、ちゃんと話を付けて下さいね、太田プロと。芸能事務所をやるってことを言ってくださいね」って。「分かった」って言いながら、実は太田プロには「業界をやめます」って。

松村邦洋:うん。

太田光:だから、みんなに祝福されて辞めたんですよ。

松村邦洋:そう、そう。

太田光:で、俺らが「ちょっと話違うじゃない」って言った時に、そのマネージャーは結局、高跳びしちゃって、アメリカに。

松村邦洋:ボリショイサーカスかなんか見に行って。

太田光:ボリショイサーカスかなんか見に行って(笑)あれも呑気な男だったな(笑)

松村邦洋:うん。

太田光:で、俺らが全部事務所に、全てのことを社長、副社長の前で言わなきゃいけなかった。そりゃまぁ、やっぱり怒りますよ。5時間くらいの話し合いだったよね。

田中裕二:うん。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事