爆笑問題・太田、映画『鬼滅の刃』のスマッシュヒットが実現した理由を「シネコンの増加」と「コロナ禍で災厄退散を願う人々の潜在意識」であると語る

2020年10月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、映画『鬼滅の刃』のスマッシュヒットが実現した理由を「シネコンの増加」と「コロナ禍で災厄退散を願う人々の潜在意識」であると語っていた。

太田光:これはあれだろうな、シネコンの全館でやるようなことじゃないと。

田中裕二:はい、はい。じゃないと無理。

太田光:今までのじゃできなかっただろうな。

田中裕二:『千と千尋の神隠し』の時は、こんなにまだシネコンってなってないから。

太田光:ないから。

田中裕二:さすがに、スクリーン数が違うから。

太田光:そうだよな。一気にできるっていう。

田中裕二:一気に。

太田光:これで、しかもあれってさぁ、言ってみりゃ今のコロナの状況と、オーバーラップするところあると思うんだよ。

田中裕二:ああ、ああ。

太田光:感染症のね。で、変なお医者さんみたいなのも出てくるじゃない、女の人(珠世)。

田中裕二:ああ。

太田光:ワクチンありますよ、みたいな。

田中裕二:うん。注射打つんだよね。

太田光:注射打つんだよな。

田中裕二:凄いのよ。

太田光:ちょうどそれの、ああいうのを退治して欲しいっていう、そういうのとどっかでマッチしたような気がするね。

田中裕二:たしかにね。

太田光:今の時代と。そういうのとヒットって、やっぱり絶対あるからさ。コロナの全然前に作ってんだけど。

田中裕二:タイミング的に合ったんだろうね。

太田光:そういうのを退治して欲しいっていうのが、どっかであると思うんだよね。

田中裕二:そうだね。

太田光:それとシネコンの時代で生まれたヒットだよね。



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事