爆笑問題・太田、久米宏は『ニュースステーション』降板後のテレビ番組で「パッとしないで、ラジオにまた戻って」と発言「やっぱりラジオでもパッとしなかった」

2020年8月3日に開催された第57回ギャラクシー賞授賞式で、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、久米宏は『ニュースステーション』降板後のテレビ番組で「パッとしないで、ラジオにまた戻って」と発言していた。

太田光:久米さんも終わって、ほっとしてますよ、私は。

田中裕二:まぁまぁ。

太田光:久米さんも番組が終わりましてですね。非常に評判が悪かったんですね、あの番組。

田中裕二:そんなことないですよ、『ラジオなんですけど』。凄い人気番組で、惜しまれつつお辞めになった。

太田光:ねぇ。だから、『ニュースステーション』終わって、『A-STUDIO』だっけ?

田中裕二:『A-STUDIO』は鶴瓶師匠がおやりになってて(笑)

太田光:ああ、鶴瓶師匠か。『A』っていうのをやって、パッとしないでラジオにまた戻って、やっぱりパッとしなかった。

田中裕二:久米宏の歴史はいいです。

太田光:ああ、そうか(笑)はっはっはっ(笑)

田中裕二:全く関係ない。

太田光:ということでね(笑)

田中裕二:僕はそれこそTBSラジオをね、ずっと久米さんとか生島さんとか、そういうのでテレビ・ラジオで育って。

太田光:そうです、そうです。

田中裕二:で、この世界に僕は来た。漫才師っていうのは予想打にしない展開で。ラジオやりたくてきて。で、深夜ラジオをずっとやってね。

太田光:コイツの本性は迫文代ですからね。

田中裕二:うん、似てるってだけで、迫文代さん、そこまでね(笑)そんなにパッと顔が浮かばないと思う(笑)



爆笑問題カーボーイ

本日の人気記事