バカリズム、「テレビは諦めかけていた」からこそトツギーノ以外の様々なネタをテレビ番組で披露できたと明かす「腹くくれてた」

2020年10月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・バカリズムが、「テレビは諦めかけていた」からこそトツギーノ以外の様々なネタをテレビ番組で披露できたと明かしていた。

伊集院光:スギちゃんも、いっぱいあるコントのキャラの一つがワイルドスギちゃんで。

バカリズム:はい。

伊集院光:なのに、もう「ワイルドだろぉ」しかやらせてもらえなくなるっていう。

バカリズム:はい、そうですね。

伊集院光:でも、よく逆に言うと、そこ切り替えられたね、冷静に。

バカリズム:いや、そうですね。僕、元々、テレビは諦めかけてた部分があったんで。

伊集院光:なるほど。

バカリズム:もうコンビ時代に「もう無理だろう」って思って。とりあえずライブばっかやって、そこで集客していこうって思ってたから。

伊集院光:うん。

バカリズム:だったらもう、それで(トツギーノ以外のネタで)出れないんだったらしょうがないな、みたいな感じだったんで。腹くくれてたんですよ。

伊集院光:軽い終活に近いような。

バカリズム:そうです、そうです。

伊集院光:足掻くよりは、好きなことをやってるしかないんだろうまでもう、なってるからか。

バカリズム:そうです。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事