バカリズム、「トツギーノ」によるブレイクで一発屋になってしまう可能性を危惧していたと告白「街歩いてても、トツギーノって言われ…」

2020年10月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光とらじおと』(毎週月-木 8:30-11:00)にて、お笑い芸人・バカリズムが、「トツギーノ」によるブレイクで一発屋になってしまう可能性を危惧していたと告白していた。

バカリズム:僕、もうずっとデビューから、色んなお笑いのムーブメントみたいな、ブームの脇をずっと歩いてきたから。

伊集院光:うん。

バカリズム:そこで散々、バーンって売れては仕事なくなってという人を見てきてるんで。

伊集院光:うん。

バカリズム:だから、俺もいつそうなるか分からないっていう。

伊集院光:本当にスピードが早いから。

バカリズム:サイクル、めちゃくちゃ早いじゃないですか。

伊集院光:訳分かんないよね。「パンケーキ食べたい」とか、遠い昔のような感じしちゃうんだよね。

バカリズム:はっはっはっ(笑)そうですね(笑)

伊集院光:あまりにその間にも、ちょっとしたスマッシュヒットで。また彼なんか頭いいから、出てくるのかもしれないけど。

バカリズム:そう、そう。はい。

伊集院光:早いから。

バカリズム:早いんですよ。あんまり、バカ売れするのもよくないって思ってるから。

伊集院光:この調整って、普通の人は効かないですよ。

バカリズム:はい。

伊集院光:でもバカリズム君は、その調整が上手くいってるような。

バカリズム:そうですね。だから最初、「トツギーノ」で色々出させてもらうようになった時に、どこに行っても「トツギーノやってくれ」って言われたんですよ。で、「あ、ヤバイ。トツギーノの人になる」って思って。街歩いてても、「トツギーノ」って言われたんですよ。

伊集院光:はっはっはっ(笑)

バカリズム:それがもう決定打で、「あ、もうダメだ」って思って、そこから「すみません、他にネタがあるんで、それやらせて下さい」って言って。それやらせてもらうためには、他のネタでR-1グランプリの決勝に行かなきゃいけないって思って。

伊集院光:ああ。

バカリズム:翌年に別のネタで決勝出たんですよ。そこから、「あ、なんかお笑いのネタをやるんだね」みたいな印象にしようっていう。



伊集院光とらじおと

本日の人気記事