伊集院光、山里亮太が「伊集院光を尊敬している」と言いつつ『不毛な議論』へのゲスト出演では「単なる食いしん坊としてのブッキングなんですよ」

2020年10月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、南海キャンディーズ・山里亮太が「伊集院光を尊敬している」と言いつつ、『山里亮太の不毛な議論』へのゲスト出演では「単なる食いしん坊としてのブッキングなんですよ」などと語っていた。

伊集院光:今週気づいたこと。まぁ、方々のラジオ出てますから。誰とでも寝ます。ラジオヤリチンもいいところですか。

先週はニッポン放送の春風亭一之輔師匠のところと、あと文化放送の大竹まことさんのところ出してもらえまして。

で、今週はさっき番宣がありましたけど、山里亮太君の『不毛な議論』出してもらうんですけど。出してもらうんですけどさ(笑)

山里亮太は、まぁ戦略もあって、「伊集院光を尊敬してる」とかずっと言ってるんですよ。で、満を持してもう何年目ですか?『不毛な議論』に呼んでくれたんですよ。

で、どういう企画なのかなと思って聞いたらさ、単なる食いしん坊としてのブッキングなんですよ。ご飯のおともみたいなやつをリスナーからもらって、ひたすら俺は試食すれば…「美味しいなぁ~美味しいなぁ~」ってずーっと(笑)

「もう食べられないけど、このおかずがあると、もう一杯食べられるなあ」っていう、そういう役回りなんですよ。

で、あと来週はね、F東出ますよ。ヤリチンですから。どこでも私はね、本を売らなきゃなんないんです。

これは語弊がある言い方だからちゃんと直しておくと、本があると何となくよそ行っていい感じなんですよ。本の告知にかこつけると、なんとなく他局出てもいいかな、みたいなそういう感じ。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事