伊集院光、檀蜜の夫・清野とおるに「どん詰まりの時に救われた」と感謝されたことに「世の中を元気にする人に救われない人が、何人か救われたらいいか」

2020年10月14日放送の文化放送系のラジオ番組『大竹まことゴールデンラジオ』にて、お笑い芸人・伊集院光が、檀蜜の夫・清野とおるに「どん詰まりの時に救われた」と感謝されたことに「世の中を元気にする人に救われない人が、何人か救われたらいいか」などと語っていた。

檀蜜:ウチの亭主が、「本当にお世話になりました、本当にお世話になりました」と二回言えと言ってました。

伊集院光:なんですか?なんですか?

檀蜜:どん詰まりの時に、助けてもらったんですって。

大竹まこと:おお、凄いじゃない。

檀蜜:広島カープの帽子をかぶって、川でなんか売ってた時に…っていう話を。

伊集院光:なんか当時、番組でなんか作ったから売りますみたいな時、手売りしてたから。スタッフが「広島カープの帽子をかぶって、この辺歩いてる奴はスタッフだから、このグッズが買えるよ」みたいな、多分それのことですね。

檀蜜:清野さん、そこに行ったんですって。

伊集院光:本当?結構、知らない広島ファンのオジさんがいて、すげぇ迷惑かけたらしいです(笑)

檀蜜:ふふ(笑)

伊集院光:急に広島ファンのオジさんが声をかけられて、「すみません、売ってください」って言われて、「何をだ?」みたいな。

大竹まこと:色んなところで、なんかの役に立ってたりするんだね。

檀蜜:いや、凄くね、命を救ってるらしいです。

伊集院光:はっはっはっ(笑)

大竹まこと:ああ、そう。

檀蜜:はい。どん詰まりレスキュー隊みたいな感じです。

大竹まこと:お笑いから程遠いところにあるけどね、それはね。人を救うとかね。

伊集院光:でもラジオは、世の中でそういう人に元気を与える。昔で言うと、ベッキーちゃんが絶好調の時に、ベッキーちゃんに救われる人は、それで救われた方がいいっていう。

大竹まこと:ああ。

伊集院光:それに救われない人が何人か救われたらいいか、みたいな。

大竹まこと:ああ。

伊集院光:今で言うと誰かね。品行方正のわりと人を救うようないい話をする人。

檀蜜:誰でしょうね。品行方正な人…今、品行方正な人が出てこないあたり、問題ですね、我々。

伊集院光:本当だ。…表のちゃんと大部分の人を救ってくれる人がいてくれて、へそ曲がってて、そこには救われない人が、ある程度ラジオが救う、は大げさだけども。



大竹まことゴールデンラジオ

本日の人気記事