加藤浩次、綾瀬はるかが『スッキリ』で番宣内容を誤ったため「後で訂正しなきゃな」と冗談で言ったところ「最後まで残って、自分で訂正・謝罪をした」と明かす

2020年9月24日放送のMBSラジオ系のラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週月-木 22:00-23:30)にて、お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が、綾瀬はるかが『スッキリ』で番宣内容を誤ったため「後で訂正しなきゃな」と冗談で言ったところ「最後まで残って、自分で訂正・謝罪をした」と明かしていた。

小沢一敬:加藤さんは、綾瀬さんとお仕事は?

加藤浩次:ある、ある。綾瀬さんが若い頃からあるんだけど。『スッキリ』の番宣とか来ても、本当にもう天真爛漫っていうか。

小沢一敬:天真爛漫ですよね。

加藤浩次:「番宣やりに来ました」感が全然ないの。

小沢一敬:お高くとまってないもんね。

加藤浩次:全然、ないの。最近の女優さんは少なくなったけど、昔はよく「番宣に来ました」感あったじゃん。

小沢一敬:「言われたことだけ言いますけど」みたいな。

加藤浩次:「別にそんな話したくないけど、番宣だけさせてください」みたいな、そんなノリあったんだけど、全然違うもんね。

小沢一敬:うん。

加藤浩次:で、番宣した時に間違ったんだよ。

小沢一敬:はい。

加藤浩次:生放送でね。「あ、間違ったから、後で訂正しなきゃダメだな」って言ったら、「そうですよね」って言って、番組の最後まで残って、「先程、私、こう言ったんですけど、間違いでした。本当にすみませんでした」って、訂正の謝罪したんだよ(笑)

小沢一敬:加藤さんがボケで…

加藤浩次:冗談で言ったのに(笑)

小沢一敬:冗談で言ったのを。

加藤浩次:そう、そう。

小沢一敬:いやぁ、いい人だよ。

加藤浩次:本当に純粋な子だよね。



アッパレやってまーす

本日の人気記事