おぎやはぎ小木、腎細胞癌の手術を執刀した医師からコロナ陽性と判明した矢作に「会って感染していたら、本当に危険でしたよ」と言われたと明かす「ラッキーが続いてます」

2020年9月17日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの小木博明が、腎細胞癌の手術を執刀した医師からコロナ陽性と判明した矢作に「会って感染していたら、本当に危険でしたよ」と言われたと明かしていた。

小木博明:俺は病理検査で。とった癌を顕微鏡で調べて、どういう癌だったのかっていう。それが悪い癌だったら転移しているかもしれないから。

矢作兼:ああ。

小木博明:結構、重大な。

矢作兼:まだアレなんだ。

小木博明:それが一番大事らしいんだ、病理検査っていうのが。

矢作兼:へぇ。

小木博明:どういう癌だったのかっていうのが。

矢作兼:とったところで、一安心でもないんだ?

小木博明:そっから、ものによっては危険な。

矢作兼:ああ、そう。

小木博明:だけど、運良く全部綺麗にとれてたっていうのと、癌の中でも、一番大丈夫な癌。

矢作兼:うん。

小木博明:執刀医が、その癌のことよりも言ってたのが、「矢作さんに会わなくてよかったですね」って。

矢作兼:ああ。

小木博明:「ラッキーが続いてますよ」って。「あの時、矢作さんに会ってなってたら、本当に危険でしたよ」って。

矢作兼:ああ。

小木博明:「ちょうど癌で入院してる時にコロナですもんね」って話で。

矢作兼:ああ。

小木博明:凄い矢作に感謝してたよ。

矢作兼:感謝(笑)

小木博明:本当に、医者としてはそこを心配してたらしくって。

矢作兼:タイミングが。

小木博明:タイミングが超良いタイミング。俺が入院してる時のだから。

矢作兼:うん。

小木博明:それは俺だけのことだけど。もちろん、仕事場の方で考えたら最悪な状況だったかもしれないけど、良いタイミングですよ。

矢作兼:へぇ。じゃあ、検査も終わって?

小木博明:あとは3ヶ月に一回検査とか言ってたかな、最初は。

矢作兼:うん。じゃあ、一安心ね。

小木博明:一安心よ。



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事