山里亮太、自動車教習所の適性検査で「自分の実力以上に、自分のことを見せようとする傾向がある」と出て恥ずかしくなってしまったと告白

2020年9月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、自動車教習所の適性検査で「自分の実力以上に、自分のことを見せようとする傾向がある」と出て恥ずかしくなってしまったと告白していた。

山里亮太:車を運転する上で、俺にはどうやって教えたらいいかって、その人間性みたいなことをちゃんと教官の人が把握しておいた方がいいっていうので、そういうテストを受けんだよね、事前に。受けてない?みんな。

あのね、何十問もあるやつで、色んな質問があってさ、たとえばシミみたいなのがあって、「これはあなたには何に見えますか?A 蝶、B 壺」みたいなのとか。「あなたはこんな時に、どう思いますか?」みたいな質問とか。いろんな種類の問題。

それやったのよ。で、その結果が出てて、見せなきゃいけないっていう。「あ、そうだそうだ。あの結果出てるから、もらいに行こう」って。

適性検査ね。その適性検査の結果をもらいに行ったら、細かく色々書いてあるわけよ。で、見たらさ、結構Cとかが多くて。そのアルファベットが何を示してるのか分からないんだけど。

で、最後に、俺のことを指導する上での解説が書いてあって。一番気になったのが、「自分の実力以上に自分のことを見せようとする傾向がある人です」って書いてあったんだけど、それって教官、俺のことどう扱うの?(笑)

「注意しましょう」って書いてあるんだけど、俺、実力以上の自分を見せようとするって、そんなことが書かれた紙を教官に見せるの、照れちゃう(笑)



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事