バナナマン設楽、キングオブコント出場はダウンタウンやテツandトモの芸人としての姿勢を見て「自分で自分たちの世界を狭めてた」と気づいたからだと告白

2020年9月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00 – 27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統が、キングオブコント出場はダウンタウンやテツandトモの芸人としての姿勢を見て「自分で自分たちの世界を狭めてた」と気づいたからだと語っていた。

設楽統:「お笑いって何?」ってなった時に、色んなものがあるけど、俺ら結局、最初の最初って「テレビ出たい」とか、テレビ出てる人見て、「ああいう世界楽しそう」って始めたのに、いざ中に入ってみると、「そういうのはダサイ笑いだ」とか「そんなベタは分かってるけどやらないんだ」みたいに思って、どんどん…実際やり始めたら、憧れてた世界なのに、狭まっていくというか。

日村勇紀:うん。

設楽統:知らない内に、自分で自分たちの世界を狭めてたっていうのに気づいて。

日村勇紀:うん。

設楽統:だから、テツトモとかと営業行って、「あれができた上でのことじゃないか?」っていう。

日村勇紀:うん。

設楽統:改革というか…はあったね。

日村勇紀:あったと思う。

設楽統:だから、この辺で色々やらせてもらってるのもありながら、そういう感覚になって、(『リンカーン』に)行こうぜって。

バナナマン設楽、バラエティ番組に「逃げてちゃダメだ」と積極的に出演していこうと思ったのは「リンカーンでダウンタウンを間近で見たことがきっかけ」と告白

日村勇紀:うん。

設楽統:で、多分、「キングオブコントもやろう」ってなったんだと思う。

日村勇紀:そう、そう。キングオブコントは第一回で、コントの大会って、M-1に比べたら大分遅れてスタートして。

設楽統:うん。

日村勇紀:「なんでコントの大会ってやらないんだろう?」ってみんな言ってたんだよね。

設楽統:みんな言ってたし、今度、キングオブコントもあるけどね。第一回の時って、出る前にちょこっとだけ色々やらせてもらってたから。

日村勇紀:2008年だもん。ある程度、出させてもらってたから。

設楽統:だから、「行く?」みたいな感じもあったんだけど、「行こう」ってなったんだよね。

日村勇紀:ねぇ。「ミスったらリスクもあるぞ」なんて言いながらも、「いや、出ようよ」って言われたの覚えてるもん。

設楽統:だって、内村さんとさまぁ~ずさんとそんな話したもん。「出ようと思うんですけども」って。

日村勇紀:うん、うん。

設楽統:「え?凄いね」って。

日村勇紀:内村さん、さまぁ~ずさんは当然、出なくたっていいのは分かるけどもね。

設楽統:もちろん。

日村勇紀:「俺らは出た方がいいんだよ、絶対」ってあったよね。

設楽統:「もちろんそうだよ」って言って。



バナナマンのバナナムーンGOLD

本日の人気記事