佐久間宣行P、宮迫博之らの闇営業問題に端を発した吉本興業の騒動は「吉本興業としての反社との繋がりの有無と程度」だと改めて指摘

2019年7月24日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行が、宮迫博之らの闇営業問題に端を発した吉本興業の騒動は、「吉本興業としての反社との繋がりの有無と程度」だと指摘していた。

佐久間宣行:この業界を賑わしているのは、闇営業問題なんですけど。宮迫さんと亮さんの会見があって、『ワイドナショー』で松本さん・東野さんとか。『スッキリ』の加藤さんとか、岡本社長の会見とかがあったんですけど。

これ、僕の立場からも、「なんか言ってくれ」ってこと多いんだけど、ちょっともう場外乱闘が過ぎ始めちゃって。加藤さんが辞めるとか、経営者が辞めるとかが本旨じゃないはずなんだよね、これ。

吉本興行の内部事情とか、岡本社長のパワハラとか、芸人の待遇とか信頼関係問題に焦点立ち過ぎんのは、本当は良くないと思うんだよね。これは別問題としないと。浪花節になっちゃうし。

で、大事なのは反社との繋がりの有無と程度で、あと宮迫さんに関してはだからフライデーの報道がどのぐらいの真偽があるのかということで。だから、そこから吉本興業としての反社の関わりが実際にあるかどうかってことだから。で、それを経営陣が認識してたっていうことになるから。

だから、根本的にはだから、やっぱり第三者委員会とか作ってやっていただいた方がよくて。また、それとは別に、芸人さんと経営陣との信頼関係とかっていうのは、また別で分けて話すべきかなぁっていうふうに思いますけどね。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事