ケンドーコバヤシ、小倉優香がラジオ番組で突然の降板宣言をしたのはよりにもよって生放送だったと語る「言ったんですよ、ラスト1分でね」

2020年8月25日放送の日本テレビ系の番組『にけつッ!!』にて、お笑い芸人・ケンドーコバヤシが、小倉優香がラジオ番組で突然の降板宣言をしたのは、よりにもよって生放送だったと語っていた。

ケンドーコバヤシ:いやぁ、まぁ気になるでしょうね、皆さんね。僕は当事者ですから。

千原ジュニア:うん。

ケンドーコバヤシ:正直ね、昭和の新日本プロレス見てるみたいで。

千原ジュニア:俺は、その人と会ったことないねん。

ケンドーコバヤシ:あ、そうですか。仕事したことない?

千原ジュニア:うん。それは俺、あんまりよく分かってないねんけど。あれって、生の週と…

ケンドーコバヤシ:横並びで番組やってるんですけど。ジュニアさんも一時やってましたよね?

千原ジュニア:俺もやっててん、1年ぐらい。生があって、2本録りで収録して、やんか。

ケンドーコバヤシ:ウチはそうしてます。生をやって、次の週の分を録るっていう。

千原ジュニア:で、どっちで言ったの?あの人。

ケンドーコバヤシ:生です。

千原ジュニア:じゃあ、まだ2週目残ってるやん。

ケンドーコバヤシ:「だのに、なぜ」ですよ。

千原ジュニア:ええ?!1週目の生で言って?

ケンドーコバヤシ:言ったんですよ、ラスト1分でね。

千原ジュニア:え?原因なんでしょ?

ケンドーコバヤシ:はっ?原因ちゃいますよ(笑)

千原ジュニア:はっはっはっ(笑)

ケンドーコバヤシ:原因?ああ、そういう記事も出てましたね。

千原ジュニア:え?そう?

ケンドーコバヤシ:僕のパワハラみたいな。

千原ジュニア:ええ?!それちょっと困るね。

ケンドーコバヤシ:でも、誰も相手にしないような記事でしたけどね。

千原ジュニア:じゃあよかったな。



アッパレやってまーす

本日の人気記事