爆笑問題・太田、渡哲也が石原裕次郎から引き継ぎ舘ひろしに伝えた「伝統」について語る「どんな後輩であろうと立ち上がり、きちんと頭を下げて挨拶をする」

2020年8月16日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(毎週火 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が、渡哲也が石原裕次郎から引き継ぎ舘ひろしに伝えた「伝統」について語っていた。

田中裕二:石原プロがね、この間、解散みたいなね。

柴田秀一:はい、そうですね。

田中裕二:お伝えしたばかりだったんですけどもね。

太田光:うん。

田中裕二:渡哲也さん、色々癌とか、病気を色々…

柴田秀一:されてましたね。それで見事、ちゃんと治して。

田中裕二:はい。

柴田秀一:ドラマにも出てたわけですけどもね。

太田光:でも、こうやって石原プロを畳んで、最後、全部整理して。

田中裕二:うん。

太田光:それで逝くっていうのは、いかにも渡さんらしい責任感というかね。

柴田秀一:きちっとしてますよね。

田中裕二:カッコイイですよね。まぁ、でも自分の葬儀とかは、とにかくやらないというか、身内だけで家族だけでってことで。普通ね、裕次郎さんのそれこそ葬儀の時っていうのは、まぁ…

太田光:盛大に渡さんが仕切ってね。

田中裕二:大々的にやったっていうことを考えると。

太田光:うん。

柴田秀一:それが渡さん流なんじゃないでしょうかね。人の、自分がお世話になった人は、本当に心を込めて送るけども、自分のことは、周りの人に迷惑をかけちゃいけないからって思うんでしょうね。

田中裕二:ねぇ。

太田光:よく、こうやって映像を見てると、裕次郎さんとの出会いとかね。

田中裕二:はい、はい。

太田光:日活の撮影所のところで、裕次郎さんがわざわざ立ち上がって、丁寧にお辞儀して。「こんな人は初めて見た」って言ってて。

田中裕二:うん。

太田光:で、今度は舘ひろしさんが渡さんに会った時に、やっぱ渡さんが裕次郎さんのそういうのを引き継いでるから、立ち上がって、やっぱり舘さんに頭下げたっていうのを、よくやってるじゃないですか。

田中裕二:はい、はい。

太田光:実は、僕らも最初に舘さんに会った時に、その経験をしてるんだよね。

田中裕二:してるんですよ。

太田光:舘さんが本当に深々と頭を下げて、「舘ひろしです」って。我々はまだ若手のお笑いだったんだけども、テレビでゲスト来られた時に、「舘ひろしです、よろしくお願いします」って。こんな大物が…

田中裕二:本当にビックリした。

太田光:こんなふうにするんだって思って。で、後々、聞いてみたら全部それ、裕次郎さんから。

田中裕二:そう。代々ね。

太田光:振る舞いっていうか。あり方というかね。それは引き継いでるんだよね。

田中裕二:そうなの、本当に。

柴田秀一:でも、それ誰かに言われて、とかじゃないんでしょうね。

太田光:じゃなくて、自分で。

田中裕二:石原プロの掟でもなんでもなくて。良純とか全然、そういうことしないですからね(笑)

太田光:なんでもないんだよね。

田中裕二:良純さんは普通に、「あ、どうも」だからね。人によって全然違うけど、舘さんは本当にそうでしたから。ビックリした。

太田光:要するに、舘さんはその流れを引き継ぐ人なんだと思うけど。

田中裕二:そうなんだよね。



爆笑問題の日曜サンデー

本日の人気記事