伊集院光、3Dプリント寿司店「スシ・シンギュラリティ」は「トンチンカンなブルジョアジーが集まる感じ」だと指摘「前澤友作さんが外タレ連れて行きそう」

2020年8月10日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、3Dプリント寿司店「スシ・シンギュラリティ」は「トンチンカンなブルジョアジーが集まる感じ」だと指摘していた。

伊集院光:多分、(3Dプリントで寿司を提供する「SUSHI SINGULARITY」は)トンチンカンなブルジョアジーが集まる感じの。俺はくら寿司に行く(笑)

その感じのやつが出てるから、調べてみて。一応ね、「寿司プリンタ」とか、「SUSHI SINGULARITY」とかで調べれば出てくるから。「これ、本気でやってるとしたら、バカじゃねぇの」って感じ、見てみて(笑)

ネットで検索すると、いっぱい記事出てくるんだけど。今もCMの間にまた新しい記事見つけたんだけど。初回10万円みたいなの書いてあって。だって、検査するから(笑)

まず最初、のれんくぐる前に、家に検査キット送られてくるから。俺がそれこそ、PCRの時にやったやつより、ちょっと大変そうな。唾入れたりするやつがあって。これでまずデータとるんだけど。

ちょっと笑っちゃうのは、やっぱりこれ、凄い技術らしいんだ、3Dプリンターの食品素材使えるやつ。たとえば、普通は米粒でシャリを握るわけじゃんか。米粉を直、成形していくから、そこに空気の分量とか考えていくと、親方が何十年も修行して、包丁の柄でひっぱたかれたり、包丁の刃で顔面貫かれたりしながら、頑張って痛みで覚えてきたその握り具合ってあるじゃない、フワッっと将太の寿司で言うところの。向こうが透けて見えるような空間と、そのネタによって強さを変えているから。

マグロのほどけ方と、ご飯のほどけ方がほぼ同時になるように、みたいなやつを多分、コンピューターで制御していくんだと思うんだけど。やっぱりどのイメージ写真の中にも、必ず親方がいるのね。親方、要る?(笑)写真的に、いかにもいかつい親方の写真とCGを使ってるんだけど、親方にもなって、これに従ってるとしたらバカだろ、この人(笑)

全然、ギャグでやってないんだろうなぁ。でも、なんか壮大な計画で、これはもう未来っていうことと、寿司の融合だってことらしいんだけど。最終的には、地球規模で見た時の、寿司食料の持続性も考え、昆虫や代替肉でも握れるようにしていく、みたいな。寿司じゃないよねって。

なんかみんなちょっとトンチンカンだなぁ。…多分、前澤さん、オカネクバルさんが1回、外タレ連れて行きそうだよね(笑)一回、海外タレ連れて行って、インスタには上げそうだよね。すぐ飽きちゃいそうだよね。



伊集院光 深夜の馬鹿力

本日の人気記事