神田伯山、北方謙三が夫婦仲を良好にする方法を「カネを渡すこと」と言っていて「お小遣い制」だと打ち明けていたことに驚く

2020年7月24日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『問わず語りの神田伯山』(毎週金 21:30-22:00)にて、講談師の神田伯山が、北方謙三が夫婦仲を良好にする方法を「カネを渡すこと」と言っていて「お小遣い制」だと打ち明けていたことに驚いたと語っていた。

神田伯山:「カミさんと上手くいく方法って、何かあるんですか?」って聞いたら、「カネを渡すことです」って言ってたね(笑)

「全財産を渡すことです」って。何かあったのかなっていう(笑)だから、北方謙三先生、お小遣い制らしいよ、小遊三師匠と一緒で。「お小遣い制なんだ」っていう。

なんかよかったすねぇ、色々。あと、小説書いてて、南北朝の天皇の時代を扱ってて、結構創作で書いちゃったりすると、「殺すぞ」っていう電話かかってくるんだって。

「だけど、チンギス・ハンに関して言うと、半生がよく分かってないから書き放題だよね」っていう(笑)「要するに、モンゴルから電話かかってこないから」っていうのも、なんか全部良かったなぁ。



問わず語りの神田伯山

本日の人気記事