東野幸治、アンジャッシュ渡部は『行列』SPでフット後藤と入れ替わりで出演していたと明かす「急遽編集をやり直して、その迷惑もかけましたし」

2020年6月14日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第40回にて、お笑い芸人・東野幸治が、アンジャッシュ渡部建は『行列のできる法律相談所』のスペシャル番組で、フットボールアワー・後藤輝基と入れ替わりで出演していたと明かしていた。

東野幸治:これが多分、配信している時にはもう、放送してると思います。『行列』の3時間スペシャルがあって、さんまさんがMCして。コロナウイルスで、ソーシャルディスタンスを取らなければいけないので、いつもの『行列』じゃなくて、距離を空けて、ゲストも最小限の人数でやったんです。

だから3Hですから、1Hずつ分けて。僕とさんまさんはずーっと出てるんですけど。僕とさんまさんと、フットの後藤とゲスト。で、1Hから1,5H近く撮って、で終わって。その後、さんまさんと僕と、アンジャッシュ渡部とまたゲストいらっしゃって。で、1時間から1時間半撮って。

で、また休憩して、次は滝沢カレンちゃんと、またゲストを呼んでっていうことをね、やってたんですけど。

今回のこの渡部君の文春砲でスタッフさんに聞いたら、「編集やり直してる」って言ってました。だから恐らく、人数の少ないスタジオで、なおかつ渡部さんを切るように多分やるんですかね。まぁ、それの迷惑もかけましたし。



東野幸治の幻ラジオ, YouTube

本日の人気記事