東野幸治、小林麻耶が『グッとラック』降板を夫とYouTubeで報告した動画に「見ようによっては怖い感じにも見える」と発言「今、芸能界それで持ちきり」

2020年11月15日配信開始となったYouTube動画『東野幸治の幻ラジオ』第85回にて、お笑い芸人・東野幸治が、小林麻耶が『グッとラック』降板を夫とYouTubeで報告した動画に「見ようによっては怖い感じにも見える」と発言していた。

東野幸治:最近ちょっと非常に、話題になっている小林麻耶さん。昔、『グッとラック』に1回目ゲスト行った時に、隣にいらっしゃって、『幻ラジオ』聞いてますって、「え?ウソ~」って。調子いいイメージだったから、ご機嫌とるために言ってるのかなぁと思って。

で、シャレで「じゃあ、もう渋谷郵便局留め東野幸治宛に手紙書いてよ」って言ったら、本当に送ってくれたんですよ。「ああ、もう完全に幻民や」と思って、第1弾の時のTシャツを、今思えば、今思えばナイス判断ですけど、ご主人と二人用に2枚、小林麻耶さんの事務所に送ったんです。恐らく届いてると思うんです。

で、ここに来て、『グッとラック』降板騒動、イジメた、イジメられてない、TBSは関係ない、様々な憶測呼んでる中、降板して。で、小林麻耶さんのYouTubeチャンネルで2人でニコニコ、クスクス笑いながら「降板しました」っていう、謎のメッセージ。

見ようによっては、なんか明るく2人で喋っている、でも見ようによっては、なんかちょっと怖い感じにも見える動画が上がって、今、芸能界それで持ちきりですよ。



東野幸治の幻ラジオ

本日の人気記事