山里亮太、加藤浩次が『スッキリ』でスープから豚骨ラーメン作りを行って「今まで普通に与えられていたものが、いかにありがたいか」痛感したと語っていたと明かす

2020年4月28日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、加藤浩次が『スッキリ』でスープから豚骨ラーメン作りを行って「今まで普通に与えられていたものが、いかにありがたいか」痛感したと語っていたと明かしていた。

山里亮太:つい最近、加藤浩次さんが番組で豚骨ラーメンを作ってて。

外山惠理:ああ、はいはい。

山里亮太:いいらしいですよ。今まで普通に与えられてたものとか、自分が接してきたものが、いかにありがたいものかって認識するには、何かをゼロから作ってみるって、めちゃくちゃいい。

外山惠理:そうか。

山里亮太:豚骨ラーメン。めちゃくちゃ大変で。

外山惠理:うん。

山里亮太:で、そう考えた時に、話を聞いたら本当大変そうで。そう考えた時、ラーメン屋さんで、豚骨ラーメン、醤油ラーメン、塩ラーメンがある店なんて奇跡だって。

外山惠理:いやぁ。だって豚骨ラーメンってさ、ずーっと煮なきゃいけないんだよ。

山里亮太:8時間。

外山惠理:そうじゃないと、ニオイが出ちゃうからって、豚骨ラーメン屋さんがおっしゃってたもん、だって。

山里亮太:でしょ。

外山惠理:大変なんだよ。

山里亮太:今、時間があるからこそね。その流れで、加藤さんが「天の声の友人も、お前なんか作れよ」って言われたの。

外山惠理:うん、うん。

山里亮太:加藤浩次さんが、奥様が撮って、で、子供たちも最後試食で出てきて。豚骨ラーメンってみんな知ってるけど作ったことがなくて、しかも作ってる画に力がある。骨ぶっ叩いたり。

外山惠理:うん。

山里亮太:それを第一回でやった後に、何ができるだろうって(笑)

外山惠理:ふふ(笑)

山里亮太:この後、春菜ちゃんとかがいくんだけど。

外山惠理:へぇ。

山里亮太:春菜ちゃんは、クッキーとか焼けばいけると思うの。「ステラおばさんから実際に聞きました」みたいなので。

外山惠理:うん。

山里亮太:今、大変なもんで、何かあるのかなって思って。



たまむすび

本日の人気記事