高田文夫、『いだてん』の視聴率が「226」の回で巻き返したことに安堵「クドカンが首くくるんじゃねぇかって思ってさ、あんまり低いと(笑)」

2019年9月6日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、『いだてん』の視聴率が「226」の回で巻き返したことに安堵したと語っていた。

高田文夫:『いだてん』、昨日久々にドーンッと上がりまして、9.0と巻き返しました。

飯田浩司:9.0%。

高田文夫:昨日の2.26はよかった。

飯田浩司:ああ。

高田文夫:クドカンもエッセイで書いてたけど、これは何十年って作家生活で、一番力が入った、クタクタになった回だって書いてあって。

飯田浩司:ああ、やっぱりあそこが。

高田文夫:よかったねぇ。まー君、活躍したよ。

飯田浩司:いや、本当。

高田文夫:あの2.26の若い青年将校の中に、若き日の小さん師匠が反乱軍の中にいたんだからね。

飯田浩司:へぇ、そうなんですか!

高田文夫:ザク、ザク、ザクと雪の中を。その寸前にオギャーって生まれたのが談志だから。

飯田浩司:へぇ!そうなんですか。

高田文夫:昭和11年2月26日だろ。凄いんだよ。

飯田浩司:へぇ、凄い。

高田文夫:それを描いてたから。何しろやっぱよかったね、数字が上がって。ちょっとほっとしたんじゃない?クドカンもね。

飯田浩司:ふふ(笑)なるほど(笑)

高田文夫:可愛い後輩、心配だよ、俺も。

飯田浩司:はっはっはっ(笑)

高田文夫:首くくるんじゃねぇかって思ってさ、あんまり低いと(笑)

飯田浩司:いやいや(笑)



たまむすび

本日の人気記事

本日の人気記事