桂三度、ケンドーコバヤシは芸分がブレない中で観客や視聴者に少し歩み寄ったことによりブレイクしたと明かす「ちょっとまろやかにしよったな」

2020年4月24日配信開始となったJookeyのYouTube動画『酒と話と徳井と芸人』にて、落語家・桂三度が、ケンドーコバヤシは芸分がブレない中で、観客や視聴者に少し歩み寄ったことによりブレイクしたと明かしていた。

桂三度:ブレへん奴、何人か知ってるけど、まぁちょっと妥協してくれるわけ。

徳井健太:はい。

桂三度:それで売れていった奴が、「アイツとアイツとアイツやな」って浮かぶわけ。

徳井健太:一人ぐらい教えてくれないですか?(笑)

桂三度:それはもう…じゃあ、コバ。

徳井健太:ああ、ケンコバさん。

桂三度:アイツ、デビュー当時から…僕、一個後輩やけど、凄い芸人の中では人気あって。

徳井健太:はい。

桂三度:天才やってなってたけど、客からはめっちゃスベってんねん。

徳井健太:はい。

桂三度:めっちゃスベっててん。

徳井健太:はい、はい。

桂三度:人気もそんなないし。

徳井健太:うん。

桂三度:で、ある時…まぁ、ご本人は絶対否定すると思うけど、ちょっとベタにしはってん。分かりやすくしはってん。

徳井健太:それはきっかけあったんですか?

桂三度:売れへんからちゃう?

徳井健太:へぇ。

桂三度:分からへんけど。

徳井健太:じゃあ、(渡辺)鐘さんの目から見て、「急に変わったな」って感じがしたんですか?

桂三度:「あ、コイツ、気づいたな」って。

徳井健太:へぇ。

桂三度:「あ、ちょっとまろやかにしよったな」って。自分の理想だけでなく…本線は一緒やねんけど。

徳井健太:はい、はい。伝わりやすくしたんですか?

桂三度:伝わりやすくしたなぁって。

徳井健太:はい。

桂三度:その瞬間にやっぱオモロイよね。もう面白いよね。ほんなら一気に売れるよね。

徳井健太:へぇ。



YouTube

本日の人気記事