明石家さんま、志村けんの死去が伝えられたと同時に新型コロナウイルス感染を心配する大量のLINEやメールが届いたと明かす「さんまさんは大丈夫か?」

2020年4月2日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、志村けんの死去が伝えられたと同時に新型コロナウイルス感染を心配する大量のLINEやメールが届いたと明かしていた。

明石家さんま:我々の仲間の志村さんが、ああいうことになったんで、余計に…もうその日、かなりのLINEとメールで。

村上ショージ:うん。

明石家さんま:もうね、志村さん…お笑いの中のね、仲間で先輩なんですけど。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:「さんまさんは大丈夫か?さんまさんは大丈夫か?」と。「こうしてくれ、ああしてくれ」っていう。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:もう、今も続いてるけども、亡くなられたその瞬間から、ドーンッとLINEとメールが。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:「うがいしろ」とか。もうテレビで見て、やってるっちゅうのに。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:「手を洗え、熱いお湯を飲め」って、そういうのがバーッと来て。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:もう、自分も気をつけて。テレビとかで言われてること、やろうと。最低限、こういう商売やし、人と会うし。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:最低限、自分が身を守らなくちゃ。人にうつしたら大変なことになるし。

飯窪春菜:はい。



明石家さんまヤングタウン

本日の人気記事