おぎやはぎ、新型コロナウイルス対策で厳戒態勢のTBSラジオの状況に驚く「入り口にはサーモグラフィー、アクリル板で仕切られたブース…」

2020年4月2日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00-27:00)にて、おぎやはぎの小木博明・矢作兼が、新型コロナウイルス対策で厳戒態勢のTBSの状況に驚いていた。

矢作兼:このスタジオの空気は普通じゃないね。

小木博明:うん。

矢作兼:皆さんご存知の通り、新コロナの影響で。

小木博明:うん。

矢作兼:色んな対策があるわけですけども。

小木博明:はい。

矢作兼:このラジオでも。まず、僕と小木は、正面に向かって座ってるんですけどね。対面して座ってるんですけど。そこにアクリル板。

小木博明:これね、透明の。昔よく、アイドルとお笑い芸人がキスするやつね。

矢作兼:ふふ(笑)使うやつね(笑)

小木博明:これがあれば、何でもやっていいみたいな。

矢作兼:これがあります。そして…

小木博明:入り口。あれ、ビックリした。俺、初めてだから。

矢作兼:ドア開けっ放し。

小木博明:ああ、ノー3密。

矢作兼:ノー3密。工務店さんの距離も1m空いてますね。で、濃厚接触もこういう対策で、お送りしていきたいと思うんですけども。

小木博明:入り口よ、入り口。

矢作兼:ああ、TBS入るところ?

小木博明:俺、初めてだったの。

矢作兼:ああ、ここの入り口かと思った。TBS入るところね?

小木博明:俺、あれビックリした。

矢作兼:今日ね。

小木博明:まず額にやるやつ。

矢作兼:え?やったの?

小木博明:やってないの?(笑)俺、マネージャーと入ったんだけど、2人ともやったよ。本当に、外国で見るやつよ。額にピッて当てて。

矢作兼:俺の時は違った。入ってったら、よく空港とかにある、カメラで測るやつが、ピンポーンって入るところあるでしょ。で、入構証をピッとやるところに2人いて、カメラがあって「36℃」って言ってた。

小木博明:俺はダブルだった。まず車で停めてやって、それで入る時にダブルでサーモグラフィーみたいなのやって、OK出てやって。

矢作兼:へぇ。

小木博明:だから、2回審査を通って、ここへきて。

矢作兼:いやぁ、凄かった、TBSやっぱり。

小木博明:うん。TBSも色々ありましたから、厳しくなりましたね、これで。

矢作兼:ラジオもね、クドカンさんがコロナに感染しちゃって。

小木博明:はい。

矢作兼:スタジオも今日か、昨日、凄い消毒してたって話を聞いたけど。

小木博明:TBSラジオ仲間ですから。

矢作兼:どうなるか分からないから、我々も来週あたりは、もしかすると…俺は自宅からやらせてもらう可能性あるね(笑)

小木博明:なるほど、それもできなくはないんでしょ。

矢作兼:小木は来てね。

小木博明:俺が行くの?(笑)なんで俺だけ来るんだよ(笑)

矢作兼:濃厚接触しなきゃいいわけだから。小木は別に一人いてもいいから。

小木博明:濃厚接触?

矢作兼:俺がいて、小木が自宅とか。ラジオのいいところは、そういうのできちゃうから。何なら、二人とも来ないのもできるし。

小木博明:二人とも自宅でいいんじゃない?

矢作兼:試してみようよ。



おぎやはぎのメガネびいき

本日の人気記事