古舘伊知郎、布袋寅泰が今井美樹へ提供した『PRIDE』の歌詞について秋元康に「作詞家にあれは書けない」と言われたと明かす

2019年7月5日放送のニッポン放送のラジオ番組『古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD』(毎月第2もしくは第3金曜 22:00-24:00)にて、フリーキャスターの古舘伊知郎が、布袋寅泰が今井美樹へ提供した『PRIDE』の歌詞について秋元康に「作詞家にあれは書けない」と言われたと明かしていた。

古舘伊知郎:布袋さんが、しきりに言ってたのは、「脱力力って大事ですよね」って。これは何事にも通底するよ。

「人間、気合いは入れたほうがいいけど、気負っちゃダメ」っていう。脱力力を持ってすると、「あっ、自分、昨日よりもいい自分になってるかな」って思える瞬間があるんだって。

たしかに大事だよね、肩に力入っちゃダメ。そんな話を聞いてる内にさ、あと印象に残ったのはさ、やっぱりなんかの話でね、奥さんの曲もいっぱい作ったりしてるじゃない。

で、昔の曲で今井美樹さんの「私は今…」ってあるじゃない、『PRIDE』。あれなんかもね、大変なプロデューサー・作詞家の秋元康に言われたことあるんだって、布袋さんは。

「我々、職業でやってる作詞家は、あれ書けない」って言われたって。「私は今は…」はないって。この日記のような書き出し。「私は今、ここに」って。「私は今、ちょうど第三京浜の出口に…」って、記者やリポーターは言いますけども、「私は今」から、作詞家は入らないって言われたって。

「それ、自然に出てきたんですよね」って、一生懸命熱く語ってくれているうちに、もうワインなんかガンガン飲んじゃってっから、いい気分で、長野智子と3人でさ。



古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD

本日の人気記事