明石家さんま、熱海の別荘を購入しようとするも「さんまなら」と直前で「5千万円上乗せされた」と明かす

2020年2月22日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、熱海の別荘を購入しようとするも「さんまなら」と直前で「5千万円上乗せされた」と明かしていた。

飯窪春菜:好きなんですね?熱海が。

明石家さんま:ホンマは決まったの、熱海に俺が別荘買うって。

飯窪春菜:うん。

明石家さんま:で、直前になって断られたの。

飯窪春菜:え?

明石家さんま:安く出てんね、その別荘が。「ここエエわ」って買いに行って、「明石家さんまです」っていうので、ハンコつく時に、「あ、さんまさんなら、こんな値段では…この値段にしてください」って。

飯窪春菜:ええ?!

明石家さんま:上乗せされたの。

佐藤優樹:それは、低くなったんですか?

明石家さんま:高くなったに決まってるやろ。「さんまさんなら低く」なら、買ってるやろ。

飯窪春菜:ふふ(笑)

佐藤優樹:なんで高くなっちゃうんですか?

明石家さんま:僕やったら、お金持ってるからとりたいってことやったと思う。

佐藤優樹:ふふ(笑)面白い(笑)

明石家さんま:で、始めっからその値段なら払ってたのに。

飯窪春菜:たしかに、その感じはイヤですね。

明石家さんま:イヤやろ。俺って名前聞いてから、5千万上がってんね。

飯窪春菜:結構上がりましたね。

明石家さんま:そうやねん。「何がや?」っていう。

飯窪春菜:ちょっと、いやらしさを感じちゃう。

明石家さんま:いやらしさを感じて。「ほんならいらんわ」ってなってしもて、熱海の別荘は夢として、諦めてんけどもやな。



明石家さんまヤングタウン

本日の人気記事