佐久間宣行P、東野幸治にオファーを出す時のハードルが高いと語る「この企画じゃな…」

2020年2月20日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行の東京ドリームエンターテインメント』にて、テレビ東京の佐久間宣行プロデューサーが、お笑い芸人・東野幸治にオファーを出す時のハードルが高いと語っていた。

東野幸治:呼んでください。全然呼びませんけど、『ゴッドタン』に。

佐久間宣行:ふふ(笑)いやいや、呼びますよ。っていうか、東野さんを呼ぶ時は、これも西野と一緒で。

東野幸治:はい。

佐久間宣行:「この企画じゃないと呼べない」って人いるじゃないですか。それは加地さんとも話したことあるんですけど。

東野幸治:はい、はい。

佐久間宣行:「東野さんに声をかける時、この企画じゃな…」みたいなのあるんですよ、僕らは。

東野幸治:いや、全然ないし、頼みますよ。俺、最近、テレビ東京行くの、『主治医』って病気の番組と、一年に一回、訳分からん若手ディレクターの、海外の刑務所に捕まった日本人に会いに行くっていうVTRを見させられるっていう(笑)

佐久間宣行:『ジャパニーズinプリズン』(笑)

東野幸治:「こんなこと、地上波でエエの?」みたいな(笑)

佐久間宣行:そう、そう(笑)海外にいる日本人の囚人を見る番組(笑)一年に一回だけ(笑)

東野幸治:一年に一回見て、「ええ?」とか。「なんやこれ」みたいな(笑)それしかやってませんから。いつでもスタンバイしてますから。

佐久間宣行:あとは『やりすぎ』だけですもんね。

東野幸治:都市伝説ね、都市伝説やってますから、それだけですから、ちょっとお願いしますね、本当に。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事