佐久間宣行P、舞台『いきなり本読み!』で神木隆之介・岸井ゆきの・皆川猿時らのあまりの演技力の高さにハイバイ岩井の当初の目論見と異なってしまったと明かす

2020年2月12日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行が、舞台『いきなり本読み!』で、神木隆之介・岸井ゆきの・皆川猿時らのあまりの演技力の高さに、ハイバイ・岩井秀人の当初の目論見と異なってしまったと明かしていた。

佐久間宣行:ハイバイの岩井さんっていう、素晴らしい戯曲家がいるんだけど、その人に「新しいイベントを始めたから見て下さいよ」って言われて。それが、『いきなり本読み!』ってやつなのね。

どういうことなのかなと思ったら、舞台って一ヶ月半とか二ヶ月ぐらいやんじゃん。だから、みんな演じてる内に段取りになっちゃう。で、もうやりながら違うこと考えたりもしちゃう、と。

だから、役者の本当の凄いのは、もしかしたら伝わらないことがあるかもしれない。一番マジックがあるのは何だって考えたら、「初めて台本読む瞬間だ」と。で、それを観客に見せたいっていうイベントなの。

で、本当に集められた役者は何にも見せられないまま、舞台に上がって。台本をパッてめくったら、「はい、読んで下さい」って言われて、それを後で演出家の岩井さんが、「あそこ違う」って言われて見せられるっていう、地獄のような企画なんだけど。

で、キャストされたのが皆川猿時さんと、岸井ゆきのさんっていう、超上手い俳優2人と、あと今井隆文さんと後藤武範さんっていう、ハイバイの舞台とかも結構出てる、この2人もすげぇ上手いの。

その4人が揃ってるから、「キャストは魅力的だな」って思って。で、岩井さんが「試しに来てくださいよ」って言ってたから、行ってみたのよ、浅草に。で、「こんな地獄のような企画、よくみんな引き受けたなぁ」と思って、満員の客席で。で、時間が来て到着して、岩井さんが登場して。

「この企画、どうなるか分かんないですけど、皆さん付き合って下さいよ」って言って、で、出演者を呼び込んだの。そしたら、一席空いてて。「あ、席空いてるなぁ」と思ったら、「告知すると色々アレかなぁと思って。サプライズゲスト、来てくれてます。この人です」って入ってきたら、神木隆之介(笑)

200席もないところに、神木隆之介君が来て。で、皆川猿時、岸井ゆきの、神木隆之介みたいな人たちで、初見の台本を見る。で、当初の目的は、多分、グダグダの中から化学反応を見つけようってことなんだろうけど。で、「これから台本を渡します」と。

『男たち』っていう、岩井さんの名作なのよ。僕は見たことあって、男4人の24歳から82歳までの人生を描くっていう作品だから、めちゃめちゃ難しいの。演じ分けないきゃいけないから。

その第14場からやります、みたいな(笑)「うわ、これもう地獄の企画だけど大丈夫かな?」って。スベったら口外しないでおこう、ぐらいの気持ちで。

みんな緊張して、バサッとめくった後に、岩井さんが「配役を発表します」って。その場で言うの。「皆川さん、鈴木役。神木君、加藤役」みたいな、その場で言われて。「よーい、スタート!」って言われるっていう(笑)恐ろしすぎるでしょ(笑)

で、第一声が皆川さんだったのね。「時は…」って。戦隊好きのサラリーマンが、自分に起きていることとかは、ナレーションで戦隊風に語るの。それを一行目から戦隊風で読めたの、皆川さんが。それで大爆笑をとって。

その後、神木隆之介くんが喋るんだけど、無気力なんだけど、ちょっと思うところがある、みたいな役なんだけど「まぁ、そうですね…」みたいな言葉がドンズバで。岸井ゆきのも、何の苦笑とかも起きないくらい上手く行っちゃって。

あのね、岩井さんが上手い役者を揃えすぎて、第一声から上手く行っちゃったの(笑)みんなグダグダになって、直しをして、それの化学反応を見る予定が、上手い役者を揃えすぎて、めちゃくちゃ上手くなっちゃって(笑)

で、その後、岩井さんが首捻って、「こんなはずじゃねぇんだけどな」って(笑)



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事