オードリー若林、春日が『スクール革命』の収録中に一言も発さず終了したことを「完封試合」と言って成し遂げた感を出していたと暴露

2020年2月8日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、相方・春日俊彰が日本テレビ系の番組『スクール革命』の収録中、一言も発さず終了したことを「完封試合」と言って成し遂げた感を出していたと暴露していた。

若林正恭:「前に出なきゃ」とは思うんですか?西村さんとか春日さんは。

春日俊彰:今は本当にもう、待つばかりですよ。

若林正恭:待つばかり?

春日俊彰:ええ。足掻かないっていうか、じっと待つ。

陣内智則:カッコエエよな。それが羨ましいよな。

若林正恭:格好良くないじゃないですか(笑)俺、困ってんですよ(笑)

陣内智則:羨ましいって。それでだって、来なきゃ来なくてエエんやろ?

春日俊彰:そうですね、2時間の特番で一回も来なかったとしても、「まぁ、来なかった、しょうがない」って帰って行きますから(笑)

若林正恭:『スクール革命!』で、完封試合したことあるもんね。一言も喋らないで収録が終わったってことがあって。

陣内智則:へぇ、凄ぇな。

若林正恭:それを「完封試合、成し遂げた」みたいな感じで(笑)

小峠英二:なんで勝った方になってんだよ、完敗だろ(笑)

春日俊彰:ふふ(笑)



あちこちオードリー

本日の人気記事