佐久間宣行P、『脱力タイムズ』でのアンタッチャブル復活は構成作家にすら当日まで知らされていなかったと明かす「構成作家が一番信用できない(笑)」

2019年12月4日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京プロデューサーの佐久間宣行が、フジテレビ系の番組『脱力タイムズ』でのアンタッチャブル復活は、構成作家にすら当日まで知らされていなかったと明かしていた。

佐久間宣行:ザキヤマが出てきた時、俺も本当に柴田と同じ声したもんね、「ウソだろ!」っつった(笑)はっはっはっ(笑)

あれも格好良かったなぁ、「ここでやんの?」って柴田さんが言って、ジャケット脱いだ瞬間ね。で、ザキヤマに一礼する瞬間ね。俺、あれ100回ぐらい見てるから(笑)

あと、やっぱり全く告知をしなかったから、すげぇバズってんのもあれは格好良いよ、やっぱ。あれは『脱力タイムズ』のスタッフが格好良いと思うし。

僕のやってる番組に『脱力タイムズ』の作家さんがいるんですけど、後で聞いたら、収録当日まで作家も知らなかったんだって(笑)はっはっはっ(笑)

信用されてねぇの、全然(笑)そうなんですよ、これね、業界の人みんな思ってるんですけど、構成作家が一番信用できないですから(笑)

一番信用できない生き物ですから(笑)なぜなら、どこに所属しているわけでもなく、そして他局の番組にも出てて、自由に喋るから、一番口が軽いんですよ(笑)はっはっはっ(笑)

だから本当に大事なものは、構成作家にも内緒にするっていう、これは業界の決まりです(笑)この世で一番口軽いですから。

でも、本当素晴らしかったですね、なんか『THE MANZAI』でも見れるっていうの、楽しみだなって思いながら。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事