山里亮太、オードリー若林の結婚相手である女性は「あの鉄の重い扉を開け続けることができる、貴重な人間」だと語る

2019年11月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、オードリー・若林正恭の結婚相手である女性は「あの鉄の重い扉を開け続けることができる、貴重な人間」だと語っていた。

山里亮太:なぁ、春日。俺たちの気持ちなんか誰も分かってくれねぇよな、春日。まぁ、お前が一番辛かったと思うけど(笑)

だってさ、俺さぁ、ちょうど『たりないふたり』終わった後だったかな。春日さんとニ人でMCの番組やったのよ。「住めば都」っていう。つい最近、放送されてたと思うんだけど。

あの時にさ、春日さんと言ってたのよ。お互い結婚して、「若ちゃんなぁ、いい話でもありゃいいのにな」「そうですね」「まぁ、あの性格上、ちょっとなぁ。人と一緒にいるのイヤだとか言ってたし、遠いだろうなぁ」「まぁ、そうでしょうね」みたいに言ってた、俺たちドピエロじゃんか。

俺はいいよ、まだ。やっぱ春日がピエロって(笑)似合うのよね(笑)胸張って言ってたもん。「まぁね、彼は本当にそういうところありますから」っつって。

めちゃくちゃピエロだったなぁ。で、もう本当に、昔ずっと言ってたのよ、若ちゃんと。ガチで「同じ空間に人がいることが無理だ」って言ってたのに。

だからさ、結局そうなんじゃなくて、あの鉄の重い扉を開け続けることができるっていう貴重な人間がいたんだなぁって思って、看護師の方で。

でさ、『たりないふたり』やってて。で、テレビ番組で昔、ずっとやってたのよ。その時に、僕たちアンケート何十個か書いてね、理想の結婚相手。結婚相談所かなんかに言ったんだよね、安島さんね。

結婚相談所に、アンケートをマジで書いてやった時に、若ちゃんも俺も、理想の職業が看護師さんだったの。だから当たってたんだよね、あれね。その伏線だったのかな?

だとしたら嫉妬するぐらい才能を感じちゃうからイヤだ。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事