佐久間宣行、壇蜜と結婚した清野とおるは「とにかく粘膜を見せたくない」という理由でマスクを欠かさず着けていると明かす

2019年11月27日放送のニッポン放送系のラジオ番組『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)』(毎週水 27:00-28:30)にて、テレビ東京のプロデューサー・佐久間宣行が、壇蜜と結婚した漫画家・清野とおるは、「とにかく粘膜を見せたくない」という理由でマスクを欠かさず着けていると明かしていた。

佐久間宣行:『北区赤羽』の漫画家の清野とおるさんは、俺もよく『共感百景』で番組、よく出てもらってて。

仕事で、テレビ東京でどこで会っててもマスクつけてて。「粘膜見られたくない」って(笑)粘膜見られたくないんだって、とにかく(笑)「だから、佐久間さんにも見せませんよ」って言われて(笑)

とにかく粘膜を見せたくないから、マスクして打ち合わせしたり、テレビ出たりしてるっていう。もう目は仕方ない、目の粘膜は仕方ないんだけど、とりあえず他の粘膜は見せたくないっていう(笑)

そんな清野さんと壇蜜さんだからね、凄いよ。



佐久間宣行のANN0

本日の人気記事