山里亮太、田中みな実と弘中綾香の友情を「ウソだと思ってる」と発言「有能な野心家が2人いて、仲良くなるわけない」

2020年11月11日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、田中みな実と弘中綾香の友情を「ウソだと思ってる」と発言していた。

山里亮太:本当に楽しいのよ。スタジオにいて、プロの戦い。田中みな実vsケンティの打ち合いとかって、やっぱりちょっと…なんて言ったらいいのかな、千堂vs幕之内みたいな。地鳴りがするようなね、戦いとかあったりとか。

そこをニコニコ見守る弘中さんっていうね。「あ、今ちょっとみな実さん、全力で打ち合って首開いてるから、この頸動脈切っちゃおうかな」みたいな顔をしてる弘中さんがいいのよ(笑)スッと挟んでくる。

絶対、あの二人の友情、ウソだと思ってるから(笑)そんな訳ない、絶対。あんだけ有能な野心家が2人いて、仲良くなるわけないんだから。うん、それは狙ってるでしょ。

だって、俺からすればあのスタジオ、『あざとくて何が悪いの?』って、俺は本当に三国志で言うところの高く見積もっても関平かなぁ。関羽の子。関平は言い過ぎかな、曹豹。

で、広中さんと田中みな実は、呂布と董卓って感じなのよ(笑)こういうピンと来ない例えを出すあたり…これをやっぱ『プロフェッショナル』さん見抜いてたんだろうね。カメラに背を向けるわ、ピンと来ないたとえ出すわ(笑)

「この、アマフェッショナルが」って(笑)「お前のアマフェッショナルを撮ってやろう」って(笑)



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事