山里亮太、オードリー若林の結婚により『たりないふたり』での漫才を再びできることに喜び「ラブコール送ってくれちゃって」

2019年11月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、オードリー・若林正恭の結婚により、『たりないふたり』での漫才を再びできることに喜びを感じていると語っていた。

山里亮太:『さよならたりないふたり』の漫才のオチで、「今日、帰りにゼクシィ買って、結婚の準備をする」みたいなことを言ってたのよ。

オードリー若林、『さよならたりないふたり』での「ゼクシィ買って帰る」発言は本当に実行していたと明かす「早くできる指輪調べて」

その伏線もさぁ、見事…いや、本当にそうだったんだって。俺、そういうボケだと思ったの。だから、別に俺の結婚に憧れてるとかじゃなくて、なんかこう…で、約束もしたし、その時に。

俺、何が嬉しいって、あの時に、「次もし、たりないふたりで漫才やる時はいつだ?」って話になって、「まぁ、こっちが結婚した時じゃない?」って。その時もう結婚は決意してるわけじゃん。

つまりは、「なんだよ」と若ちゃん。その時に、もう一回漫才やろう、もうやる日近いって決まってじゃん。今日、あんだけ楽しい最強の漫才…最強って言ったら格好つけだ。最高のね、俺たちがやってて楽しくて仕方なかったあの漫才を、もうやりながらも、まだ次、もう一回、漫才やらせてくれるんだ、できるんだっていうのを振ってくれてる。

ずっと俺のことバカにしてたけど、なに最後にちょっとラブコールを送ってくれちゃってんのよって。それに気づいたときの、このキュンとした感じ。

だからそのさ、多分、なんていうんだろうな…「おい、お前のせいで俺の結婚の印象が!」とかさ、「お前も日和ったなぁ」とか、年下がどうとか、色んな多分、攻撃をしようと思ったけど、でも、そういうことじゃないんじゃないって。それもチープだなぁって思って。

勝ち負けなんかはないと思うから、シンプルな感想を言うと、むっちゃくちゃ嬉しいよね、やっぱり。おめでとうなのよ結局。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事