山里亮太、『オードリーのANN』で若林の結婚報告を聴きながら『さよならたりないふたり』のことを思い出していたと告白「あの時の若ちゃんの表情は…」

2019年11月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、『オードリーのオールナイトニッポン』で若林の結婚報告を聴きながら、『さよならたりないふたり』のことを思い出していたと告白していた。

山里亮太:ラジオ聴いたら、あの野郎が言うんですよ。「なんか山ちゃんに電話したら、すげぇ喜んじゃってるから、よくわかんないけどウソついちゃった」って。

マジかお前は、と。あと自分が情けないのは、その直前にね、ちゃんとオードリーがラジオで作ってきた流れがあるんですよ。「幻の嫁が見えるようになってきた」って流れが。だから、それもちょっと乗っかった自分も恥ずかしいしさ。

オードリー若林、結婚したと春日へ告げる直前の最後の「若林にだけ見える妻」トーク「もちろん二人で春日家へ挨拶行くに決まってんじゃん」

「幻の嫁、ごめんな」みたいなことつぶやいちゃってさ、聴きながら。で、「実は違ったんだよ」って時の衝撃ね。

で、つながってくるわけ。「そっか、漫才の時のあの言葉は、俺にも言ってくれたけど、その結婚って…」と。やっぱ、言われるわけよ。結局、だから俺が凄く思うのが、「結婚したら、「もう足りちゃったんですね」って。

俺、『たりないふたり』ってやってきて、みんなの笑い声って、結婚ってだけで全てなくなることだったのかなぁとかって、ちょっとシュンってするようなとかろあって。俺、若ちゃんも、それあったのかなぁと思って。俺がその結婚で、次見る「新しいたりないふたりになっていこう」って言う時に、聴いてる顔が「よく気付いたな」じゃなくて、「そうだよな」の顔だったんだ、とかと思い出してきて。

で、なんかすげぇ幸せそうだし、話し聴いても。若ちゃんには珍しく、ずっとインスタでも匂わせもしてたしさ、気づけば。で、春日も相変わらず、合いの手上手いし。春日も知らされてなかったっていう、滑稽なところもあってさ。

「結局、普通なんですね」みたいなことも、「なんなんだろう?普通って」と思いながら。「そっか、こんなことを言われるんだ」みたいなことを。

でも、あの時漫才してる時に、なんかそんな言葉が1mmも痛くもなんともないっていうような関係性をさ、「たりないふたり」で作ってたわけよ。作れてたし。だから、それを考えててさ、「めでてぇなぁ」って思って。



山里亮太の不毛な議論

本日の人気記事