『水曜日のダウンタウン』藤井健太郎P、番組制作で心がけていることは「神は細部に宿る」であると語る「誰かの記憶に残るワンシーンを作りたい」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2023年9月2日放送のTOKYO FMのラジオ番組『土曜日のエウレカ』(毎週土 17:00-17:55)にて、TBSのプロデューサー藤井健太郎が、番組制作で心がけていることは「神は細部に宿る」であると語っていた。

川島明:藤井さんが、これまでの人生の中で見つけた一番のエウレカ、つまり発見や気づきですね。これを挙げるとすれば、何になりますか?

藤井健太郎:はい…これはちょっと月並みではあるんですけれども。

川島明:うん。

藤井健太郎:「神は細部に宿る」みたいなことをやっぱりやっていて。

川島明:うん。

藤井健太郎:まぁ、個人的にそういう細かいことが気になる性質たちだっていうのもあるんですけど。結局、細かいことの積み重ねが全体になってるなっていうのも思うし。

川島明:うん。

藤井健太郎:なんか自分がイチ視聴者だった時の記憶もそうなんですけど、なんか番組のワンシーンとかをすっごい覚えてたりするじゃないですか。

川島明:分かります、分かります。子供の頃見た、とかね。

藤井健太郎:全部が面白かったってこともちろんあるんですけど、「あの番組の、あの企画の、あのワンカット」だったりを、意外と覚えてるもんじゃないですか。

川島明:はい。

藤井健太郎:っていうのを考えると、やっぱりそういうものを作りたいし、「あのこの瞬間のこのシーン面白かったよね」っていうのが、結構人の記憶に残るなっていう。

川島明:伝わりますよね、ホンマに。

藤井健太郎:一個一個、手抜けないなとも思うし、やっぱり誰かの記憶に残るワンシーンを作りたいなとも思うので。不思議ですよね、なんかちっちゃい頃一回しか見てないはずのことを、未だに覚えてたりするじゃないですか。

川島明:いや、特にちっちゃい頃ですね。

藤井健太郎:そうですよね 企画とかの会議とかしてて、みんな共通してて、「ごっつのあれ」とかみんな覚えてるし。

川島明:そうですね。

藤井健太郎:思い出すシーンは、如実に一緒であったり。

川島明:いや、分かります。その時、その映像を見ながら何食うてた、まで思い出します(笑)

藤井健太郎:そうですよね。

川島明:「親父は笑ってなかったな」とかまで覚えてるっていう。

藤井健太郎:ふふ(笑)いや、本当なんですよね。

川島明:これからもじゃあ、妥協を許さない作品を。

藤井健太郎:はい(笑)

藤井健太郎P、『水曜日のダウンタウン』をスタートする際に「乗り気ではなかった」理由
2023年9月2日放送のTOKYO FMのラジオ番組『土曜日のエウレカ』(毎週土 17:00-17:55)にて、TBSのプロデューサー藤井健太郎が、『水曜日のダ...
麒麟・川島、『水曜日のダウンタウン』収録での藤井健太郎Pとのやりとりを明かす「収録の合間にゴシップを(笑)」
2023年9月2日放送のTOKYO FMのラジオ番組『土曜日のエウレカ』(毎週土 17:00-17:55)にて、お笑いコンビ・麒麟の川島明が、『水曜日のダウンタ...
タイトルとURLをコピーしました