オードリー若林、山里亮太や相方・春日など周りが結婚して行く心境は「受験で遊び相手がいなくなっていく学生時代」と似ていると語る

2019年11月2日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、南海キャンディーズ・山里亮太や相方・春日俊彰など周りが結婚して行く心境は「受験で遊び相手がいなくなっていく学生時代」と似ていると語っていた。

若林正恭:山ちゃんが結婚して、春日も結婚してさ。やたら『たりないふたり』が一人でバスケットやってるって。グッズがあるんだけど、『たりないふたり』の。

春日俊彰:うん。

若林正恭:顔がバスケットボールになってるグッズがあって、「そんな面白いことなんだなぁ」と思って。

春日俊彰:ふふ(笑)まぁ、イジられるならまだしも、グッズにまでなっちゃうっていうのは(笑)

若林正恭:でもね、なんか一人でバスケットやってるのがね、言われれば言われるほどなんかやっぱ悲しくなってきて。

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:何がねぇ、一番悲しいかってね、高校の時に部活終わったら…元気だよね、部活終わったらバスケットやって帰ってて。

春日俊彰:うん、うん。

若林正恭:ねぇ。で、その16~7の時と体の動きが変わらないのが悲しいんだよね。

春日俊彰:何が悲しいの?それはいいことなんじゃないの?

若林正恭:あのね、どういう悲しさかっていうと…

春日俊彰:40にもなって、感覚的に衰えてないのって素晴らしいことじゃない。

若林正恭:いや、違うのよ。それで思い出したんだけど、小学校6年かなんかの時に、学校終わったらなんかビルがあって、近くに。オフィスがいっぱい入ってる。

春日俊彰:うん。

若林正恭:で、カラーボールあんじゃん。ボールを投げんの、7~8人で遊んでたんだけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:鬼ごっことかじゃなくなってきて、小6になると。ボールをね、バーッて投げんの。そしたら、ビルの壁にポーンと当たんじゃん、ゴムボールが。そしたら、落ちてくるのをとったやつから抜けてってよくて。

春日俊彰:ああ。

若林正恭:テーマは誰かが決めんの。まぁ、その時からね、ちょっと企画癖があって、俺がほとんどテーマ決めてたんだけど。

春日俊彰:なに、企画癖って。

若林正恭:最後に一人残ったら、好きな人を言わなきゃいけないとか。

春日俊彰:よくありそうなやつだよ、それ。

若林正恭:エッジの効いたタイトルを…

春日俊彰:別にありそうだよ(笑)全然ありそうだよ。

若林正恭:嫌いな奴言うとか、結婚したい奴言うとか。そういうエッジの効いたタイトルを…

春日俊彰:そんなの全国で何万人もやってるような遊びだよ。

若林正恭:で、それがめちゃくちちゃ楽しかったの。

春日俊彰:まぁ、楽しいだろうね。

若林正恭:「ボールとれた!」って、1人まで残って、2人の時、盛り上がるのよ、やっぱり。

春日俊彰:緊張感もあるしね、それは盛り上がる。

若林正恭:そのゲーム編み出したのも俺で、当時から企画癖があって。

春日俊彰:ベタだよ、言っても。

若林正恭:お前、うるせぇな、横槍が。

春日俊彰:言うから、企画癖とか。

若林正恭:これは電話だな。

春日俊彰:誰にだよ(笑)

若林正恭:高橋英樹さんに(笑)

春日俊彰:関係ないだろ、一番(笑)それこそ怒られるよ(笑)

若林正恭:電話番号知ってる人もいないか(笑)…で、それ小5の三学期とかにやってたんだよ。で、小6になっても続けたかったんだけど、なんかね、俺ともう一人とかしか来なくなってきて。

春日俊彰:え?なんでよ。

若林正恭:「あれ?」って思ったら、みんな塾に行きだしたのよ、小6になって。

春日俊彰:なるへそ。

若林正恭:受験するっつって。で、一人になった日があって。みんながその公園に来てたのに。「あれ?みんな来ねぇなぁ。まだ教室にいんのかなぁ」みたいな。

春日俊彰:うん。

若林正恭:しばらく待ってて。隅田川の真横のさ、建物のビルの下にが遊ぶ場所みたいなのがあるところで。で、一人でボール投げて、キャッチして、一人で好きな子の名前言ってね。

春日俊彰:悲しいなぁ。

若林正恭:で、なんかその時、凄いなんかみんなが受験していく、環境が変わるみたいな寂しさがあって。

春日俊彰:うん。

若林正恭:急いで親に、「俺も受験する」って言ったんだよ。

春日俊彰:ふふ(笑)はい、はい。

若林正恭:で、それを思い出してさ。高3の時もそうだよ。部活あって、バスケやってて。で、みんなラグビー部だ、サッカー部だって混じって、みんな部活終わった後にバスケやって帰ってた。

春日俊彰:うん。

若林正恭:なんかね、バスケの人数が段々減ってきてね、結局俺、一人になって。だからみんなね、受験の塾に行き始めたのよ。

春日俊彰:まぁ、大学受験あるからね。

若林正恭:4月から本格的に。真っ直ぐ塾に行くようになったのよ。

春日俊彰:まぁまぁ。

若林正恭:一人でシュート打ってさ、好きな人の名前言って。

春日俊彰:まだやってんのか、それ(笑)何年経ってんのよ(笑)

若林正恭:何かに似てんなと思ったら、その二つの時の感じなんだよ、今。

春日俊彰:なるへそ。

若林正恭:一緒に3 on 3やってた、春日と山ちゃんがいなくなってさ。

春日俊彰:そうだね、3 on 3的なことをね。

若林正恭:環境が変わってく、みたいな。

春日俊彰:取り残される、みたいな。

若林正恭:そう。春日は伴侶がいて。山ちゃんも本当かどうか分からないけど伴侶がいるわけじゃない。

春日俊彰:本当だろ、恐らく。

若林正恭:「聞こえてるだけ、見えてきた」とか言ってるけどね、伴侶が。俺もそうだけどね。

春日俊彰:あれは実態があるから。若林さんと岡村さんのやつとは訳が違うから(笑)山里さんはいるから。

若林正恭:実際に見るまではね。山ちゃんの家へ行って。久美さんは見たから信じれたけど。

春日俊彰:ああ、それはたしかにね。若林さんは見ないと何事も信じないタイプだからね(笑)

若林正恭:俺は信じない、見ないと。あと、基本疑うから、人の話。

春日俊彰:確認して初めて納得する人だからね。

若林正恭:…環境が変わってくなぁって思って。

春日俊彰:うん、まぁまぁ似てるかもしれんね。

若林正恭:なんか、そういうことじゃなくなってくんだなぁってことを。俺はいつも最後に味わってんのよ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「このままで楽しいじゃん」と思ってんのに。本当ならビルにゴムボール当てたまま41でよかったのに、みんながこう変わっていくからさ。

春日俊彰:それは難しいって。ずっとさ、小学校の時の遊びをさ、高校生、大学生になってできないよ。

オードリー若林、アンガ田中の学生時代の女子との会話が唯一「骨折したの?」「うん」だけであり「それでよくホラン千秋とかと絡んでるよな」

山里亮太、高校時代に他校の生徒から「稲中」とあだ名を付けられていたことを告白「うわ、稲中来た」

アンガールズ田中、イジメられていた高校時代で大爆笑をとったことでイジメられなくなったと告白「俺の逆転劇」



オードリーのANN

本日の人気記事