高田文夫、フジテレビは河田町に本社があった頃まで良かったと語る「お台場行ったら、スッカスカだね」

2019年10月21日放送のニッポン放送系のラジオ番組『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月-金 11:30-13:00)にて、放送作家・タレントの高田文夫が、フジテレビは河田町に本社があった頃まで良かったと語っていた。

高田文夫:『冗談画報』は5年ぐらいやったけど、よかったよね。色んな人出てきて。

泉麻人:一回休んで、2になってね。

松本明子:また復活して。

泉麻人:2の時にはね、東京スカパラダイスオーケストラとか。

高田文夫:おお、凄いね。今をときめく。

泉麻人:2の時から、結構な方が出てて。

高田文夫:音楽的な、どんどん専門的なのが出てね。

泉麻人:うん。

松本明子:そうですか。

高田文夫:あの頃までだな、フジテレビよかったの。

泉麻人:ふふ(笑)

高田文夫:あの頃までだよ(笑)本当、フジテレビ尖ってたのがね。

泉麻人:河田町の時ですね。

高田文夫:そう、河田町の頃ですよ。お台場行ったら、スッカスカだね。

松本明子:ふふ(笑)

高田文夫:本当。

放送作家・高須光聖、ダウンタウンととんねるずの不仲説の真相について語る「フジテレビの制作班が異なっていて…」

岡村隆史、フジテレビの編成・制作局長たちに泥酔してバーで絡んでしまい後悔「レギュラーないんですよ、フジで頑張ってきたのに!」

岡村隆史、テレビ業界への厳しい視聴者の意見に対する反論トークまとめ



ビバリー昼ズ

本日の人気記事