オードリー若林、ノブコブ徳井の『しくじり先生』収録中のエピソードについてのマジ謝罪に驚き「芸人を愛しすぎだよ(笑)」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年12月25日放送のテレビ東京系列の番組『あちこちオードリー』にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、平成ノブシコブシ・徳井健太の『しくじり先生』収録中のエピソードについてのマジ謝罪に驚いていた。

徳井健太:これ…いつか謝らなきゃなって思ってて。

若林正恭:え?

徳井健太:小さなことなんだけど。

若林正恭:うん。

徳井健太:でも、その小さなことを芸能界一気にする若林君だからこそ、絶対「徳井の野郎」って思ってんじゃないかなって。

若林正恭:なに?なに?

徳井健太:『しくじり先生』で、インディアンスがゲスト来た時に、きむが「ハライチにだったら勝てると思った」みたいなことを言ってる時に、現場には澤部とウチらしかいないから。

若林正恭:うん。

徳井健太:澤部的には、岩井がネタ作ってくれてるから。「お前、岩井の怖さ分かってねぇんだな」って。「アイスピックで刺されるぞ」って言って、バーンってウケた。

若林正恭:うん。

徳井健太:そしたら若林君が「心のね」って素晴らしいフォローをしたのに対して、俺が後ろからコソッと「さすが若林君」みたいなことを言ったわけよ。言わなくていいのに、こんなこと。

春日俊彰:ほう。

徳井健太:そしたら若林君がガッと振り返って、「まぁ、ご時世的にさ」って。

春日俊彰:うん。

徳井健太:そんなこと言わせたくなかった!

春日俊彰:はっはっはっ(笑)

徳井健太:なんか…俺、本当にマジで後悔してんの。だってさ、若林君て元々、俺ら側っていうか、本当にネタもやりたい、大喜利もやりたい。楽しいよりも面白くっていう人間なのは凄い分かってる。

若林正恭:うん。

徳井健太:でも、「ゴールデンに行くし、番組も背負うから多少、俺が恥をかいたっていい」っていう若林君の決意も俺は分かったの。

春日俊彰:はい。

徳井健太:だから、「心のね」なんて、若林君は本当は言いたくなかったはずなの。それを俺はちょっとでも言ってやろうみたいな感じで、「さすが若林君」みたいな。

若林正恭:うん(笑)

徳井健太:わざわざ振り返って「ご時世的にね」なんて、言わせたくなかった、ごめんね、若林君本当に(笑)

若林正恭:はっはっはっ(笑)

徳井健太:違うんだよ、俺、あの時かかっててさ。

若林正恭:いやいや(笑)

徳井健太:覚えてるでしょ?でも。

若林正恭:聞いたら思い出したけど(笑)

徳井健太:ごめんね、マジで。

若林正恭:芸人を愛しすぎだよ(笑)

徳井健太:いや、本当に申し訳ないと思った。

若林正恭:あれってね、Abemaなんだけど、盛り上がると地上波いくのよ。

春日俊彰:ほう。

若林正恭:だから、地上波もあり得るなって思ったから、一応足したけど。

徳井健太:ほら、素晴らしい。

若林正恭:でもそんなの別に…逆にありがたいって思ってるって。

オードリー若林×ノブコブ徳井、博多大吉や麒麟・川島の次にMCとして活躍する本命馬は「銀シャリ・橋本」であると思う理由
2022年8月23日放送の日本テレビ系の番組『午前0時の森』(毎週月 23:59-24:54)にて、オードリーの若林正恭と平成ノブシコブシ・徳井健太が、博多大吉や麒麟・川島の次にMCとして活躍する本命馬は「銀シャリ・橋本」であると思う理由に...
ノブコブ徳井、オードリー若林と同等であると自分を過大評価する流れ星・瀧上に苦言「若林君って、今もう若手の中でトップですよ」
2020年11月14日放送のテレビ東京系列の番組『ゴッドタン』(毎週土 25:45-26:10)にて、お笑いコンビ・平成ノブシコブシの徳井健太が、オードリー・若林正恭と同等であると自分を過大評価する流れ星・瀧上伸一郎に苦言を呈していた。 ...
タイトルとURLをコピーしました