オズワルド伊藤、M-1グランプリ2021と2022の審査員の評価の落差にショック「ギャップでゲボ出なかっただけ奇跡」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2022年12月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・オズワルドの伊藤俊介が、M-1グランプリ2021と2022の審査員の評価の落差にショックを受けてしまったと告白していた。

伊藤俊介:M-1の記憶が、去年の2本目とかじゃなくて、1本目終わった後、みんな審査員にも褒めてもらって、お客さんにも凄い笑ってもらってっていう、あの記憶で止まってるんですよ。

山里亮太:一番いい記憶(笑)

伊藤俊介:あのままの勢いで、敗者復活勝ち上がってスタジオ行ってネタ終わって。審査員の皆さんの点数見て。

山里亮太:うん。

伊藤俊介:本当に去年とのギャップでゲボ出なかっただけ奇跡なんですよ、もう 。

山里亮太:良かった。生放送でゲボ出しちゃうと、次ウケづらくなるから。

伊藤俊介:そういう問題じゃなくて(笑)他の人に配慮して引っ込めただけじゃなくて(笑)

山里亮太:優しいな、伊藤。

伊藤俊介:いや、違うんですよ。本当に吐き散らかして、全部終わらせようとも思ったんですけど。

山里亮太:はっはっはっ(笑)

畠中悠:とかも、できたんだよね。

伊藤俊介:ちょっとエグかったですね。

山里亮太:でも、お客さんの反応めっちゃいいし。

畠中悠:でも、やっぱり「ちょっとまずいかも…」って思っちゃいましたね。

山里亮太:ウソ。

畠中悠:前半の感じとかで。

ナイツ塙、オズワルドのM-1グランプリ2022「明晰夢」ネタは「スロースターターな感じ」であり敗因は「ネタ選びの失敗」であると指摘
2022年12月19日配信開始のYouTubeチャンネル『ナイツ塙の自由時間』にて、お笑いコンビ・ナイツの塙宣之が、オズワルドのM-1グランプリ2022「明晰夢」ネタは「スロースターターな感じ」であり敗因は「ネタ選びの失敗」であると指摘して...
かまいたち山内、オズワルドのM-1グランプリ2022での3つの敗因を指摘「いつもより速いテンポ」「出だしでつかみ切れなかった」「圧倒的優勝候補のプレッシャー」
2022年12月19日配信開始のYouTubeチャンネル『かまいたちチャンネル』の動画にて、お笑いコンビ・かまいたちの山内健司が、オズワルドのM-1グランプリ2022での3つの敗因を指摘していた。 山内健司:3番手がオズワルド...
タイトルとURLをコピーしました